赤ちゃんを大浴場に入れる時にクリアしておきたい条件と注意点

赤ちゃん 大浴場

赤ちゃんって大浴場に入っていいのかなって心配になりますよね。

ここでは、赤ちゃんが大浴場に入る時にクリアしておくべき条件と、大浴場に入る際の注意点を紹介します。

大浴場デビューするときにクリアしたい3つの条件

①最低でも生後1ヶ月を過ぎてから

生後約1ヶ月間はお家でのお風呂も沐浴をする時期なので、大浴場に入ってはいけません。

【沐浴とは】

沐浴とは、大人と同じ浴槽に入るのではなく、赤ちゃん専用のバスに入れて、お湯をかけるようにして身体を洗っていくこと。

生まれたばかりの赤ちゃんは、へその緒が取れたばかりで、まだへその中が乾燥していない状態だと感染症にかかる可能性があります。

お父さん、お母さんはもちろん、大勢の人が入っている大浴場は感染症を引き起こす細菌がいっぱいです。

細菌に対する抵抗力が弱い生後1ヶ月未満の赤ちゃんは、絶対に大浴場に入ってはいけません。

生後1ヶ月を過ぎて、へその中が完全に乾燥していることが絶対条件です。

②首がすわってから

赤ちゃんの首がすわるまでは、お風呂に入っている間中お父さん・お母さんが支えていなくてはいけません。

そうなると、赤ちゃんに付き添っているお父さん・お母さんがお風呂に入ることができませんよね。

大浴場にベビーチェアが完備されていても、ちょっと目を離した隙に滑り落ちてしまういることも…。

命に関わる事故に繋がる可能性もあるので、首がある程度すわってくる生後2~3ヶ月くらいが理想です。

③1人で座れるようになってから

1人である程度の時間座れるようになると、ベビーチェアに座って待っていることができるので、お父さん・お母さんも安心してお風呂に入れます。

一般的に、座れるようになるのは生後6~7ヶ月頃なので、この時期に大浴場デビューする赤ちゃんが多いようです。

赤ちゃんが大浴場に入る際の7つの注意点

①大浴場のルールを確認する

年齢制限を設けている大浴場もありますし、「オムツが取れていない乳幼児は禁止」といったルールがある場合もあります。

大浴場に行く前にネットや電話を利用して、自分の子どもが大浴場に入れるかどうかを確認しておきましょう。

②長湯をさせない

赤ちゃんは温度変化に弱く、体も小さいので、すぐにのぼせてしまいます。

赤ちゃんにとって負担のない温度は、

夏:少しぬるめの38~39℃
冬:お湯が冷めやすい40℃前後

どの季節でも、大人が入るより少しぬるめの温度にすることがポイントです。

Sponsored Links

湯船に浸かる時間は2~3分くらいにして、体を洗う時間などを合わせても、入浴時間は15分くらいで済ませるようにしましょう。

③水分補給をする

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、お風呂でたくさん汗をかきます。

脱水にならないためにも、ストロー付きのマグにお水かぬるま湯を入れて持ち歩き、小まめに水分補給をしましょう。

④刺激の少ない泉質にする

赤ちゃんの肌に最も刺激の少ないお湯は、環境省が定める温泉の成分が規定値に満たない単純温泉だと言われています。

硫黄泉のような強いにおいのある温泉や、強酸性・強アルカリ性の泉質も赤ちゃんには刺激が強すぎるので避けたほうがいいです。

利用したい大浴場の泉質について、前もって確認しておくようにしましょう。

⑤足元に注意する

大浴場は温泉に含まれる成分や石鹸などで床が滑りやすくなっています。

赤ちゃんを抱っこして移動するときには足元を確認しながらゆっくり歩き、滑らないように注意してください。

赤ちゃんが1人歩きできるようになっても、滑りやすい環境の上にもともと転倒しやすいので、付き添っているお父さん・お母さんがしっかりと手を繋いで、目を離さないようにします。

⑥上がり湯をする

大浴場から出るときには、赤ちゃんの体をシャワーで軽く流してあげましょう。

上がり湯をすることで、赤ちゃんの肌に付いた刺激の強い成分を洗い流すことができます。

⑦できるだけトイレを済ませる

赤ちゃんの入浴が可能な大浴場でも、おもらしをしてしまった時のためにタオルやビニール袋を用意しておきましょう。

大浴場に行く前にできるだけトイレは済ませておくのはマナーです。

赤ちゃんがトイレを済ませたタイミングで大浴場に入るのはもちろん、もしおもらしをしてしまった場合には、施設の人にすぐ連絡してください。

まとめ

赤ちゃんでも大浴場デビューすることはできますが、感染症リスクが高いので、生後1ヶ月を過ぎていることが絶対条件になります。

できることなら、赤ちゃんの首がすわって、1人でお座りもできる状態なら、付き添っているお父さん・お母さんも安心してお風呂に入ることができますよ。

大浴場ではできるだけ赤ちゃんから目を離さないようにして、15分くらいで済ませるのが理想です。

Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>雑談>赤ちゃんを大浴場に入れる時にクリアしておきたい条件と注意点

プロフィール

いつもありがとうございます!

ニャンテコトと申します。

楽しく、幸せな生活を手にする為に日々奮闘中です。

このサイトに来てくれた人がほっこりしてくれる…、そんなサイトを目指して頑張ります!

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る