がんのリスクも!?逆流性食道炎の症状・原因・治療方法などを解説

逆流性食道炎

胃液が逆流して胸のあたりが痛む逆流性食道炎。

寝ている時に胸やけが起こると、夜中から痛みに起こされたり、好きな食べ物が食べられなくなったり、頻繁に気分が悪くなったりと様々な影響が出ます。

私自身、逆流性食道炎に悩まされており、ひどい時は眠れないくらいヒリヒリとした痛みがあります。

そんな逆流性食道炎を放っておくと食道がんになることもあるそうですから、自分かも…と思う人は知識を付けておいた方が良いですよ。

ここでは、逆流性食道炎の症状や原因、治療法などを紹介していますので参考にしてください。

Sponsored Links

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃の中で混ざり合った食べ物や胃液そのものが食道に逆流する病気です。

胃酸は食べ物を溶かせるくらい強い酸性で、それが食道に逆流すると傷つけて強い痛みを感じてしまうのです。

感じ方は人それぞれで、中には何も感じていないという人もいるそうですが、胃液が食道に逆流することによって炎症を起こす。それが逆流性食道炎です。

ちなみに、胃は酸から守れるように胃壁で保護されていたり、胃液を中和する重層が生成されているため、健康的な胃なら痛みを感じることはありません。

ですが、ストレスによってそのバランスが崩れると胃が消化され、穴が開いて(胃潰瘍になって)しまうこともあります。

逆流性食道炎の症状

・胸やけ
・呑酸(酸っぱいものが口の中に上がってくる)
・胃もたれ
・口内炎
・のどの違和感(イガイガ・ヒリヒリ)
・胸の違和感
・お腹の張り
・頻繁にげっぷが出る
・胃の痛み
・よく咳き込む

私の場合は喉の違和感(ヒリヒリ)や胸やけ、呑酸、胃もたれなどがあります。

当てはまる項目が多い場合、なるべく早い段階で胃腸科や消化器科で受診をしておく事をおすすめします。

逆流性食道炎の原因

・脂肪分の摂り過ぎ
・タンパク質の摂り過ぎ
・肥満
・猫背
・加齢
・ストレス
・便秘

逆流性食道炎になるのは、生活習慣によるものが多いような感じがします。

日本人は元々逆流性食道炎の人は少なかったそうなのですが、食生活の変化によって増えているそうです。

私は、重い食べ物を食べた時もそうなのですが、たくさん食べた時も症状が現れる気がします。

逆流性食道炎の検査方法

逆流性食道炎は主に2つの方法があります。

診断的治療

この名前から「え?治療?」と思うかもしれませんが、症状から逆流性食道炎かどうかを診断した後、内服薬を服用し、その治療効果から診断するという方法です。

これについては、逆流性食道炎じゃなくても改善する場合があり、正確な判断が難しいそうです。

胃カメラ(胃内視鏡検査)

胃カメラで直接食道や胃の状態をチェックすることで、逆流性食道炎かどうかを診断します。

直接確認できる分、高い精度で診断できるそうです。

逆流性食道炎の治療法

生活習慣の改善

・揚げ物、甘い物、刺激物を控える
・食べ過ぎない
・食後2~3時間は横にならない
・禁煙する
・お酒を控える
・お腹を締め付けない
・便秘を解消する
・できるだけ前かがみにならない
・寝る時は上体を高くする

生活習慣を改善するだけでも、逆流性食道炎が改善されることもあります。

個人的な話になりますが、私は揚げ物や肉類などの重いものを控える、食後2~3時間立ちっぱなしの状態を維持するという2点を実践するだけで、寝てる時に起こされるのが激減しました。

※逆流性食道炎は症状の重さに個人差が大きいので、誰でもという訳ではありません。

薬物療法

・胃酸の分泌を抑える薬
・食道の粘膜を保護する薬

これらの薬を服用することで症状の改善を目指します。

現在は薬物療法によって、治療を行うのが主体となっており、胃酸の分泌を抑制する薬剤は高い治療効果があるという報告もあります。

もちろん、医療機関で相談した上での処方となります。

外科的治療

食道炎が重症化したり、出血を繰り返す場合は外科的治療(手術)が行われることもあります。

と言っても、すぐに行われる訳ではなく、内科的な治療を行った後に手術が検討されるそうです。


あまりにも症状がひどい場合、放っておくと食道がんになるリスクもありますので、自分で何とかしようとするのではなく、なるべく早い段階で医療機関で診てもらってください。

私の逆流性食道炎がヨーグルトで軽くなった!?理由と食べ方を紹介

パン屑ナビ

生活雑多>病気>がんのリスクも!?逆流性食道炎の症状・原因・治療方法などを解説

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る