考えてますか?肌への負担|鼻パックの正しいはがし方

鼻パック はがし方

朝の洗顔やメイクをする時、鏡に映った自分の鼻を見てショックを受けることってありませんか?

毛穴の黒ずみや、ぎっしり詰まった皮脂汚れは、自分が思っている以上に目立つもの。

人と会話をしていても、見られているのではないか…という不安に襲われてしまう人もいるはず。

そこで大活躍してくれるのが「鼻パック」です。

ですが、鼻パックは使い方によっては肌を傷つけてしまい、逆効果になってしまう可能性も…。

ここでは、鼻パックの効果的な使い方+正しいはがし方を紹介します。

鼻パックの効果を最大限にする下準備

日頃から保湿ケアをしっかり行う

鼻パックをする前に、お肌の調子をチェックしてみましょう。

乾燥している状態なら要注意!

そのまま鼻パックをやってしまうと、毛穴汚れが取れないだけでなく、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

洗顔の後には化粧水や乳液、保湿クリームなどでお肌の調子を整えておき、汚れが取れやすい潤いのある肌環境を目指しましょう。

顔を洗う

顔を洗うのは鼻パックを使う時の基本ですね。

お化粧や皮脂汚れなどを落とすことで、鼻パックの吸着力が弱まらないようにします。

毛穴を開いておく

お風呂の後や、ぬるま湯で顔を洗ったり、ホットタオルで顔全体を温めるなどして、毛穴を開いておきましょう。

肌へのダメージが抑えられるだけでなく、角栓がスルッと取れるようになります。

まんべんなく水をかけておく

毛穴パックは装着部分の水分によって肌にくっつくことができるので、小鼻の際などにもしっかり丁寧に水をかけておきます。

鼻パックをはがす時の3つのポイント

正しいはがし方

放置しすぎない

放置しすぎると乾燥や肌荒れの原因となり、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

季節によって放置する時間は変わってくるので、取扱説明書をよく読み、守ることが重要です。

どのくらい時間が経ったかわからなくなった場合には、鼻パックがパリッと乾いたらすぐにはがすようにします。

敏感肌の方は肌へのダメージをできるだけ避けるために、放置する時間を少し短めにするといいですよ。

下から上に向かってはがす

鼻パックをせっかくするのなら、気になる角栓は根こそぎ取り除いてしまいたいですよね。

顔の毛穴は下向きになっているので、そのまま上から下にはがしては、鼻パックがただ肌の上を通るだけ。

そこで、毛穴の向きとは逆に下から上に向かってゆっくりはがしていくことで、鼻パックが毛穴汚れをしっかり取り除いてくれます。

アフターケアをしっかりする

鼻パックをはがした後、毛穴汚れがいっぱい取れているのをみると、スゴく気持ちがいいですよね。

毛穴がスッキリしたのはいいのですが、この時、鼻の毛穴は開いた状態にあります。

そのままにしておくと、毛穴が開いた状態で乾燥して固くなり、黒くぷつぷつした毛穴の黒ずみに悩まされることに…。

鼻パックをした後は、必ず化粧水で肌へたっぷり水分を与えて、乳液や保湿クリームを使って丁寧に保湿ケアを行いましょう。


毛穴に詰まった皮脂汚れを手っ取り早く取り除くには、鼻パックが効果的です。

ですが、無理やりひっぺがすことになるので肌へのダメージが大きく、はがし方に注意する必要があります。

鼻パックをやる前の下準備からアフターケアまで、しっかり丁寧に行うことで、肌へのダメージを減らすことができ、最大限効果を発揮できるのです。

パン屑ナビ

生活雑多>生活お役立ち情報>考えてますか?肌への負担|鼻パックの正しいはがし方

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る