危険!?風邪が治らない期間が1ヶ月を過ぎたら症状に注目!

風邪 1ヶ月

風邪の症状は大体10日程度で治まるのですが、その3倍以上も期間がある1ヶ月を超えると、他の病気の可能も考えられます。

正しい処置をしないとなかなか治らない病気もありますので、あなたの症状と病気の症状が合っているかどうかをチェックしてください。

症状から考えられる病気とは

マイコプラズマ肺炎

・喉が痛い
・頭痛
・37~39℃の熱が出る
・咳、痰が絡む咳が1ヶ月以上続く
・鼻水や鼻づまりがある
・呼吸がしにくい
・全身の倦怠感

14歳以下が80%となっていますが、成人してからも起こることがあります。冬に増える傾向があります。

症状自体は軽いのですが、成人がかかると肺炎が重症化することもありますので、身近な人がかかってしまった場合は、早い段階で病院で診てもらいましょう。

急性気管支炎

・痰の出る咳が続く
・黄色の痰が出る
・発熱
・全身の倦怠感
・食欲不振
・胸の不快感

風邪やインフルエンザによって気道に炎症を起こしてしまいます。風邪やインフルエンザにかかった時に症状が長引くのであれば、急性気管支炎の可能性があります。

特別な治療は必要なく、安静にして水分や栄養補給をしていれば自然に改善していきます。

もちろん、他の病気が考えられるなら病院で診察を受ける必要がありますが。

百日咳

・咳が長引く

百日咳という名前の通り、長いこと咳が続くのが特徴です。

三種混合ワクチンの中に含まれていますので、それで予防ができますが、10年くらいで薄れてきて、百日咳にかかるリスクがあると言われています。

大人がかかっても、咳が長引くくらいで済みますが、1歳未満の乳児がかかると、非常に咳が強く現れ、最悪の場合亡くなってしまうこともあります。

1歳未満の子どもがいる人は、うつしてしまわないように注意してください。

慢性閉塞性肺疾患

・咳や痰が出る
・すぐに息切れする
・運動機能の低下
・呼吸不全

慢性閉塞性肺疾患は、症状の出方に個人差が大きく、ほぼ無自覚な人もいれば、少し動いただけで呼吸困難になってしまう人もいます。

喫煙が原因となっていますので、タバコを吸っていてこれらの症状が現れたのなら、念のため病院に受診してください。

当然、禁煙しなければなりません。

咳喘息

・空咳が長引く
・夜中や明け方に激しい咳が出る
・寒暖の差で咳が出やすくなる
・喫煙すると咳が出る

長いこと咳が続いていると、咳喘息の可能性があります。咳止めを飲んでも効果がなく、そのまま放置してしまうと喘息になってしまいますので、早めに病院で診てもらいましょう。

タバコの煙で悪化してしまうため、自分自身が吸わないのはもちろん、周りに吸っている人がいたらすぐに離れるようにしてください。

アトピー咳嗽(がいそう)

・空咳が長く続く
・夜から早朝に咳が出る
・運動やストレスで咳が出る
・タバコの煙で咳が出る

女性や子どもに多く出やすく、女性は閉経後に多いと言われています。

すぐに病院で診察を受けてください。

副鼻腔気管支症候群

・鼻づまり
・鼻水
・嗅覚障害
・微熱
・咳が出る
・痰が出る
・息切れをする

これらの症状に当てはまるなら、すぐに病院で診察を受けてください。

これに当てはまる人は要注意!

・市販の薬を飲んでも症状が改善しない
・決まった時間になると咳がひどくなる
・花粉症やアトピー等のアレルギーがあり、喉に違和感がある
・食後に咳がひどくなる
・毎年同じ時期になると咳が出る
・胸焼けなどの症状もある

これのどれかに当てはまるようであれば、放っておくと重症化してしまう可能性があります。

風邪を治すためにできること

風邪を早く治すには、安静にすること。

あと、辛いですが熱が出ている時は解熱剤はなるべく飲まないことが大切です。もちろん、我慢できないくらいキツイのなら必要になりますが。

熱が引いたら、予防に力を入れます。

外から帰ってきたら手洗いやうがいをする/体を温める/栄養バランスの良い食生活を心掛ける/1日30分だけでも歩く/鼻呼吸を意識するなど

こうした生活習慣を意識して、風邪を早く治してください。


風邪のような症状は、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなど、あらゆることが原因になって現れることもあります。

安静にしていて生活習慣を整えているのに、なかなか症状が改善されないの出れば、すぐに病院で診察してもらうのが鉄則です。

病気は遅くなると重症化する場合もある反面、早い段階で治療を始めたら軽度で済む可能性もあります。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>病気>危険!?風邪が治らない期間が1ヶ月を過ぎたら症状に注目!

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る