子供が小学生でもフルタイムで働き、笑顔の絶えない家族を築く方法8選

子供 小学生 フルタイム

今、両親共働きの家庭がどんどん増えています。

子供が小学生のうちは専業主婦かパートにしてできるだけ一緒にいたいけど、進学や将来のことを考えるとフルタイムで働かないと生活が厳しい…という場合もありますよね。

ここでは、子供が小学生でも家庭と仕事を両立して、フルタイムで働くためのポイントをいくつか紹介します。

家庭とフルタイムの仕事を両立させる8つのポイント

子供と接する時間を大切にする

フルタイムで働くとなると、どうしても子供と過ごす時間が少なくなってしまいますが、小学生になると勉強や友達のことでいろいろ悩むこともあるでしょう。

そんな時、子供の心の声を聞き逃さないように、子供の話をじっくり聞く時間を作ってください。

昼間は一緒にいられなくても、きちんと向き合っていれば、寂しい気持ちも満たされるはずです。

すべての移動距離を短くする

自宅から学校・学童・職場などへの往復の道のりが、できるだけ短くなる場所に引っ越すことで、登下校やお迎えでの不安を軽減することができます。

仕事がちょっと残業になってしまっても子供を直ぐに迎えに行くことができるし、子供が1人で登下校するにも安心です。

通学路を子供といっぱい散歩して慣れておく

フルタイムで働きたいな…と考えるようになったら、子供と一緒に通学路を歩き、1人でも心配ないくらい慣れさせておきます。

登下校が1人でもできれば、子供の登下校時間に一緒にいてあげられなくても、安心して仕事ができますよね。

・横断歩道の渡り方
・間違えやすい道
・危ない段差

など子供と一緒に1つ1つ確認することで、通学路を安全に登下校できるようになります。

知らない人に声をかけられたら走って逃げる!!という練習もしておきましょう。

子供が1人で留守番できるように練習する

学校が終わったらお父さん・お母さんが帰ってくる時間まで学童や習い事に通わせる、というのも1つの方法ですが、子供の力を信じることも大切です。

いつかは1人で留守番できるようにならないといけないので、このタイミングで練習してみましょう。

・お家に帰ってきたら電話をする
・宿題をしてからおやつを食べる
・1人で出かけない
・火を使わない
・誰か来ても絶対にドアを開けない

など留守番している間の約束事を決めておけば、急な残業が入っても安心ですよね。

サービスを利用する

フルタイムで働くなら、できない部分は様々なサービスを利用しましょう。

・学童
・ファミリーサポートセンター
・ハウスキーパー
・ネットスーパー

など、余分にお金はかかりますが、共働きのお父さん・お母さんを助けてくれること間違いなし!!

Sponsored Links

例えばファミリーサポートセンターでは、地域において育児や介護の援助を受けたい人と行いたい人が助け合っているのですが、それを利用することで安心してフルタイムで働けます。

1時間当たり600円くらいでサポートしてくれますので、1日2時間お願いしたとすると30日では36,000円かかることになります。

この出費が高いか安いか、フルタイムで働く必要はあるのか、など改めて考え直してみてもいいですね。

夫婦で協力する

夫婦で共働きの場合「家事は女性の仕事」という考え方を持っていてはいけません。夫婦が協力してこそ続けられるのです。

仕事が繁忙期の時や出張・急な残業を頼まれた場合には、時間が空いているほうが積極的に家事をします。

そして、それが当たり前にしていくと同時に、お互いに感謝の気持ちを伝え合うのも忘れない関係を築けば、夫婦間だけでなく子供との関係も良好な状態を維持できるでしょう。

おじいちゃん・おばあちゃんに協力してもらう

金銭的な問題で共働きをしている場合、サービスを受けることは難しいのが現状です。

そのような場合には、家族であるおじいちゃん・おばあちゃんに協力してもらいましょう。

かわいい孫のお世話なら喜んで引き受けてくれるはず。

ただ、ここで気をつけてのが、おじいちゃん・おばあちゃんの生活も尊重すること。

何か約束や用事がある場合にはハウスキーパーにお願いしたり、日頃の感謝の気持ちを込めて何か贈り物をする、といった気遣いを忘れないようにしましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」ですよ。

覚悟を決めて働き続ける

子供が急に熱を出してしまった場合や学校の行事がある場合には、会社を休むことだってあります。

そのことで理解のない人に心ない言葉を浴びせられることもあるでしょう。

そんな時でも、一度フルタイムで働く!!と決めたからには、気持ちを切り替えて働く必要があります。

仕事より子供を優先させるのは当たり前!!と周りの人の言葉を無視できるように努めましょう。

まとめ

子供が小学生でも、夫婦共働きでフルタイム勤務をすることは可能です。

子供としっかり話し合って理解してもらい、家族みんなで協力すれば、家庭と仕事を両立して良い家族関係を築くことができます。

ただ、小学生になると勉強や友達のことでいろいろ悩んだりするので、子供の心のSOSを見逃さないように、一緒にいられる時間をこれまで以上に大切にしてくださいね。

Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>子どもお役立ち情報>子供が小学生でもフルタイムで働き、笑顔の絶えない家族を築く方法8選

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る