【キャンドゥ】ミキサーよりも便利!?手もみジューサーを使った感想

手もみジューサー

新鮮でおいしいフルーツジュースを作るには、ミキサーを使わないといけないのですが、ミキサーを出し入れするのがとにかく面倒くさいんですよね。

毎朝パっと簡単に作れて、片付けまでラクにできるとしたら、健康のために毎日の生活習慣に取り入れてみたい!と思っている時に出会ったのがキャンドゥの『手もみジューサー』。

では早速、手もみジューサーは使いやすいのか、本当にジューサーとしての役割を果たしてくれるのかを、実際に使ってみます。

手もみジューサーを使ってみた

手もみジューサーはペラペラのシリコン素材でできていて、これでジュースが作れるのかな?ってやってみるまでは半信半疑の状態でした。

牛乳瓶みたいな形

シリコンの袋は牛乳瓶のような形になっていて、小さな口からひっくり返してみると、三角の突起がいっぱい付いていました。

突起がいっぱい

手で触ると鋭くないので、ミキサーより安全に使うことができます。これでフルーツがちゃんとつぶせるのか疑問になりましたが、実際に使ってみるとその疑問が吹き飛びました。

今回用意したフルーツはキウイとモンキーバナナ。

用意した材料

バナナはシュガースポットがいっぱいあって、ちょっとお安くなっていたもの。

シュガースポットがいっぱいあるもののほうが、甘みが強くて、栄養価も高いそうですよ☆

キウイジュース

まずはキウイの皮をむいて、袋の口に合わせて小さめのひと口サイズにカットし、シリコンの袋に入れます。

キウイを入れてみた

牛乳は50ccを入れる必要があるのですが、量るのが面倒くさくて(笑)大さじ杯くらいにしてしまいました。

袋の口をねじって閉じ、いざ!!もみもみ開始です。

キウイをもみもみ

袋の口がちゃんと閉じられてなかったみたいで、牛乳が飛び出してきてしまったので、袋の口がしっかり閉じているかを確認したほうがいいかも。

キウイはまるまる1個分入れたのですが、ちょうどいい量だったみたいです。

軽くもみもみしているだけでキウイがつぶれていって、30回くらいもみもみしたらとろとろのキウイジュースが完成♪

キウイジュース完成

市販のジュースにはない新鮮なキウイの香りがいっぱいに広がり、一口飲んでみると、ちょっと酸味が強かったのですが、普通に食べるよりもおいしかったです。

バナナジュース

次にモンキーバナナ。

モンキーバナナは普通のバナナより小さいのですが、この手もみジューサーにはぴったりのサイズ感です☆

1本分を小さくカットして入れ、ここにも牛乳をちょびっとだけ加えてもみもみ開始!!

バナナと牛乳

まな板の上に乗せて、手で上から押しつぶすようにするとキレイに潰すことができましたよ☆

バナナジュース完成

バナナケーキを作るときに、この手もみジューサーで潰してから加えると良さそうです。

ヨーグルトの上にかけても良いかもしれませんね。

普通に食べるよりも、とっても甘くなっていたことにびっくりしました!!

キウイジュースの酸味がけっこう強かったので、バナナジュースを混ぜてミックスジュースを作ることに。

バナナとキウイ完成

キウイにはちょっとハチミツを加えようかなって思ったんですけど、やっぱりフルーツの甘みを生かしたほうがおいしそうですもんね☆

キウイジュースとバナナジュースを混ぜて、牛乳もちょっと加えて、ドキドキしながら飲んでみると…、バナナの甘みでものスゴくおいしいミックスジュースになっていました!!

人工甘味料は一切使っていないというのもなんか健康的な気がします。

キウイとバナナどちらの食感も残っているので、食べ応えがあって大満足のできでした。

この手もみジューサーは手で揉んで潰せるくらいの、柔らかいフルーツを使った方が良いかもしれません。

例えば…バナナ・イチゴ・桃・ぶどう・みかん・キウイ・グレープフルーツなんかは良いんじゃないかな。

それから、手もみジューサーの後片付けもとっても簡単♪
すりつぶしたフルーツはコップにスルスルと移ってくれて、ほとんど中には残りませんし、袋をひっくり返せるので簡単に洗えるのも嬉しいですよね。

手もみジューサーの商品説明

手もみジューサーは、好きなフルーツと牛乳や豆乳、ヨーグルトなどを入れて手でもみもみするだけで、あっという間に新鮮なフルーツジュースができるアイテムです。

ミキサーとは違い、少し食感を残すことができるので、食べ応えがあってダイエット中にもオススメ♪

この手もみジューサーは薄いシリコン素材でできていて、内側にすりつぶすためのイボイボがいっぱい付いています。

耐冷温度:-20℃
耐熱温度:120℃

手もみジューサーの使い方

①シリコンの袋に好きなフルーツと少量の牛乳や豆乳・飲むヨーグルトなどを入れます。

②片手で袋の口をねじってしっかり閉じて持ち、もう片方の手でよくもみもみします。

③袋からコップに移して、お好みの量の牛乳や豆乳・飲むヨーグルトなどを足して、よくかき混ぜたらできあがりです☆

使う時のポイント

①牛乳や豆乳などは50ccくらいが目安☆

牛乳やフルーツを入れすぎると、もみもみしづらくなります。

②袋の口はしっかり閉じる☆

クリップで閉じるのもОKです。
もんだ勢いで中身が飛び出すことがあります。

③お好みの液体で仕上げる☆

オリゴ糖やハチミツなどを加えると、小さなお子さんでも飲みやすいジュースになります。

まとめ

今度はイチゴオレを作ってみたいなって思いました☆

毎日のおやつに、小さなお子さんと一緒に手作りでおいしいフレッシュジュースを作るのもいいですね。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>100均>キャンドゥ>【キャンドゥ】ミキサーよりも便利!?手もみジューサーを使った感想

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る