体を冷やすは間違っていた?生野菜を食べて冷え性を改善!

生野菜 冷え性

夏でも冷え性に悩んでる女性が多く、この冷えを根本的に治すためには、体内の酵素不足を解消する必要があります。

酵素には血行を良くする働きがあり、血行が良くなるということは、体に温かい血液を流せますので冷え性改善効果が期待できるからです。

では、体内の酵素を補うためにはどうすればいいか…。その答えは至ってシンプル。

酵素が含まれている生野菜を食べれば良いのです。

とはいっても、生野菜は食べている間に冷えを感じてしまいますので、本当に冷え性が改善するのか不安になりますよね。

ここでは、生野菜を食べると体が冷えると言われる理由、体が温まる理由について解説します。

生野菜を食べると冷えると言われる理由

生野菜を食べると体が冷える…と感じている方が多いのですが、それには2つの理由があります。

利尿作用があるから

きゅうりやトマトなどサラダとしてよく食べている生野菜には、利尿作用のあるカリウムや水分が多く含まれています。

体内の老廃物を尿として排出する際に熱を下げる効果もあるので、一時的に体が冷えてしまうのです。

ちなみに、老廃物を排出することでむくみ解消効果が期待できます。

冷たいまま食べるから

生野菜は、冷蔵庫から出して冷えた状態で食べることが多いですよね。

体の中は常に36~37℃くらいで保たれているので、そこに冷たいものが入ってくれば、胃腸が冷やされるので、体も冷えを感じるのは当然ですよね。

加えて、突然冷やされてしまった胃腸は、慌てて温めようと胃腸に集中しますので、体の隅々まで血液を送る働きが鈍くなり、体が冷えたように感じます。

このような理由から生野菜を食べると体が冷えるように感じるのですが、これは一時的な冷えです。

一時的でも気になる場合は、常温に戻してからサラダで食べたり、ショウガやとうがらしなど、体を温める食材の組み合わるなどの工夫してみると良いでしょう。

【体を温める野菜と冷やす野菜の見分け方】

体を温める野菜の特徴

・冬が旬
・地面の下にできる根菜類
・黒や赤、オレンジ色の野菜

体を冷やす野菜の特徴

・夏が旬
・地面の上にできる
・白や青、緑色の葉物野菜

生野菜を食べると体が温まる

年齢を重ねるにつれて、体の冷えを感じるようになっていませんか?これは、年齢と共に体内で作られる酵素量が減少していく事と深く関係しています。

体内で作られる酵素は消化酵素と代謝酵素があり、消化酵素が多く作られると代謝酵素が少なくなり、消化酵素が少なければ代謝酵素が多くなるからです。

代謝機能が低下すると新陳代謝がスムーズに行われなくなり、体の隅々まで栄養を届けることができず、冷え性へと繋がります。

ですが、ここで酵素を含んだ生野菜を食べると、消化をサポートしてくれます。そして消化に使われる酵素を抑えることができれば、代謝が十分に機能しますので、冷え性を改善できるのです。

生野菜と温野菜はどっちが良いの?

生野菜はダイエット向け

生野菜を食べることで酵素はもちろん、加熱すると壊れてしまうビタミンやミネラル、便秘の予防や改善に役立つ食物繊維なども摂ることができます。

それに、食事の最初に生野菜を食べると、消化をサポートして血糖値の上昇を穏やかにしてくれますし、よく噛むことで満腹中枢が刺激されますので、食事量を抑えられてダイエット効果も期待できるのも嬉しいですよね。

ただ、生野菜は油溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)が吸収されにくい為、必要な栄養素を補うには多く食べなければいけないというデメリットがあります。

温野菜は栄養を摂りやすい

温野菜は加熱することで野菜の栄養が体に吸収されやすい状態になっているのに加えて、かさが減りますのでたくさんの量を食べやすく、効率良く栄養が摂れます。

人参やモロヘイヤなどに多く含まれるβカロテンは、油で調理することで油溶性ビタミンの吸収率がアップするのも大きなメリットです。

ただ、ビタミンCやビタミンB群、葉酸などの水溶性ビタミンやポリフェノールなどの栄養素が熱によって失われてしまうデメリットもあります。

生野菜と温野菜はどちらも必要ですから、バランス良く摂ることが大切です。

ダイエットしたいなら生野菜を中心に食べる。健康の為なら温野菜を中心に食べるなど、目的に合わせて食べるバランスを考えるのもアリです。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>雑談>体を冷やすは間違っていた?生野菜を食べて冷え性を改善!

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る