元空手経験者が語る!オリンピックの種目に空手がなかった理由

空手 オリンピック

空手の競技人口を調べてみると、日本では53万人、愛好者数に関しては日本が200万人以上、世界では1億3000万人以上もいるそうです。(※全日本空手道連盟

 

これだけ有名な格闘技であり、競技人口も多いのにどうして今までオリンピックの競技としてなかったのか?柔道やテコンドー、ボクシング、レスリングなどの格闘技はあるのに。

 

そんな疑問を抱えている人は結構多いのではないでしょうか?私自身も空手の経験者ながら、オリンピックにないことに対して不満を抱えていた時期がありました。

 

ここでは、なぜオリンピック競技になかったのかについて説明します。

流派がたくさんあるから

空手の流派は実にたくさんあります。

 

私が知っているだけでも上地流・剛柔流・小林流・本部流・少林流があり、調べてみると、松林流・糸東流・松源流・劉衛流・金硬流・新垣派・湖城流・和道流などがありました。

 

流派が多いだけならまだ良かったのかもしれませんが、それぞれの流派で色々な部分が違います。

試合のルールが流派によって違う

空手の試合のルールは大きく分けると伝統派空手とフルコンタクト空手の2つの種類があります。

伝統派空手の特徴

伝統派空手というのは寸止め空手とも言われており、当たる直前で止めるというのが主なルールです。

 

私はこの伝統派空手をしていたのですが、寸止めと言っても、実際は結構強く突きや蹴りが当てられますので痛いです。しかも下段蹴り(ローキック)なんて思いっきり当ててもOKですし。

 

顔への突き、蹴りも寸止めとはいえ普通に当ててきます。

 

この伝統派空手の中でもルールが違っていて、同じ寸止めでも防具を着用したり、ちょっとした投げ技が認められていたりします。

 

基本的に、相手を倒す(KOする)というよりは、顔や腹部に突きや蹴りを当ててポイントを取ることによって勝利を目指します。

 

特定のポイントに達するか、試合が終了した時点でポイントをより多く取得している方が勝ちです。

フルコンタクト空手の特徴

フルコンタクト空手は、実際に突きや蹴りを当てて相手を倒すというのが主なルールです。突きや蹴りを当てると言っても、顔への突き(パンチ)は禁止されています。

 

実際に腹部や脚に突きや蹴りで思いっきりダメージを与えても良い、というかそれで相手を倒す(KOさせる)のが伝統派空手との大きな違いです。

 

頭部に蹴りを当てたとしても、倒れなければ試合続行となります。

 

さらに、フルコンタクト空手にはアメリカのフルコンタクト空手とか総合空手、POINT&KOルール空手なんてものもあります。

 

アメリカのフルコンタクト空手は、キックボクシングのような試合形式となっており、現在ではフルコンタクト・キックボクシングと言われています。

 

1ラウンド(2分)の間に8回以上上段蹴り(ハイキック)をしないといけないというルールが特徴的です。

 

総合空手は、総合格闘技のような試合形式となっており、打撃だけでなく投げ技や寝技などもあります。一部ではすでによる顔面への攻撃も可能な試合も。

 

POINT&KOルール空手は、フルコンタクト空手と伝統派空手が合わさったようなルールとなっており、相手が防御できない状態で正確な蹴りが入った場合にポイントが加算されます。

戦い方が全然違う

試合形式が違えば、当然戦い方も大きく変わることになります。

Sponsored Links

 

伝統派空手はスピード重視で、フルコンタクト空手は攻撃力重視のスタイルが多いです。受けや払いという防御面も伝統派空手ではよく見られるのに対して、フルコンタクト空手は上段蹴り以外はほとんど防御しません。

 

流派によってこれだけ闘い方が違うのですから、同じ空手でも慣れ親しんだルールで戦う方が有利になってしまうのです。

判断基準が違うから

形(演武)にしても、組み手にしても勝敗の判断基準が違います。

 

形に関しては技の意味を正しく表現しているかどうか、突きや蹴りの力強さ・スピード・リズム・バランス・キレ・迫力などが採点基準となります。

 

この採点基準は、個人によっても若干違っています。例えば、スピードよりも表現力を重視していたり、力強さを高く評価していたりします。

 

形はそんなに大きな問題ではありませんが、それでも流派によって形も違いますから、オリンピックになるのが難しかったのかもしれません。

スピードが速すぎて判定が難しいから

空手 オリンピック

オリンピックのルールとして採用されているのは、伝統派空手です。その伝統派空手の組手はスピードが速く、当たったか当たっていないかの判断が難しいです。

 

当たっているかいないかというだけであれば、フェンシングのようにセンサーによる判定も可能ですが、空手の場合はそうもいきません。

 

というのも、空手の場合は力強さや姿勢、スピードなどが全て揃って初めてポイントとなるからです。

 

確かに当たったとしても、それがポイントとなるくらいの有効打だったのか、そして攻防が激しい時はどっちが先に攻撃を当てたのかを人の目で判断しなければならないのです。

 

組手では審判が5人も配置されていることから、その基準が難しいことがわかります。

 

私が大会に出場していた頃も、同じ流派同士でも有効とするか無効とするか、判定がバラバラになることも珍しくありませんでした。試合が少し中断されて審判同士で話し合うのも結構あります。

 

オリンピックでも審判は5人配置されるそうですが、こまめに中断されるかもしれませんね。と言っても10秒くらいです。

 

審判によっても判定が変わるくらい難しいのですから、オリンピックの競技にするのが難しかったのかもしれませんね。

まとめ

オリンピックでは伝統派空手のルールばかり採用されているのですが、やはりフルコンタクト空手を一生懸命鍛錬してきた人にとっては歯がゆい思いをしているでしょう。

 

私が現役で、フルコンタクト空手のルールばかりが採用されていたら悔しいですから。

 

オリンピックの競技として決定しても、自分の流派と少し違うルールが採用されていると、不満に感じてしまうのかもしれません。

 

それだけ空手はオリンピックの競技にするのが難しかったのでしょう。個人的にはようやくオリンピックの競技になってくれたのは本当に嬉しいです。

 

どんな空手家がどのように活躍してくれるのか、今から楽しみです。




Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>雑談>元空手経験者が語る!オリンピックの種目に空手がなかった理由

プロフィール

いつもありがとうございます!

ニャンテコトと申します。

楽しく、幸せな生活を手にする為に日々奮闘中です。

このサイトに来てくれた人がほっこりしてくれる…、そんなサイトを目指して頑張ります!

カテゴリー

アイハーブ

ページ上部へ戻る