【東京オリンピックの大混雑予想】通勤はどうなる?都が取り組んでいることは?

2020年の東京オリンピック。沖縄出身の私が注目するのはやっぱり空手です!生で見る機会が多かったので、あの迫力と美しさをオリンピックでも見れるんだと思うと本当に楽しみです。

 

ただ、私のように楽しみーとウキウキしているだけではいられない人達もいますよね。オリンピック期間はとんでもない混雑が予想されています。東京都民の皆さんは「通勤ラッシュ時はどうなるのだろうか…」「大事故が起こるのでは」と今から不安を感じているのではないでしょうか。

 

東京オリンピック期間中の大きな課題である交通網の大混雑。どこが特に混雑するのか、そして東京都ではどんな対策をしているのか調べてみました!

東京オリンピックで渋滞・混雑が予想される場所・時間帯が分かるサイト

東京都オリンピック・パラリンピック準備局では、「大会輸送影響度マップ」ではオリンピック開催期間中の輸送影響度を時間別に見ることができます。

 

たとえば、2020年7月25日(大会2日目)の朝の9~10時の影響度はこのように予想されています。

矢印がいっぱいありますが、この色で通常の何倍くらい輸送の影響があるか知ることができます。

このように予想できるツールがあると、都民の皆さんも企業も事前に対応しやすいのではないでしょうか。

 

ただし、やはり予想でしかないので、当日を迎えたら予想を超える問題が起こるかもしれません。できる限り混乱を避けるために、もうひとつ、東京都では「スムーズビズ」という取り組みを推進しています。

Sponsored Links

 

画像:東京都オリンピック・パラリンピック準備局

【スムーズビズ】で大会期間の混雑を緩和させよう!

スムーズビズとは、オリンピック期間中の混雑を緩和させるために生まれました。具体的には、こんな取り組みを行います。

・場所や時間に縛られないリモートワークを促す

・自動車から公共機関の利用を促す

・通勤時間をズラす

・休暇を取る

・イベントや会議の日程をズラす

スムーズビズのお手本となるのが、都庁の取り組みです。

 

たとえば、5000人が週に1回以上はテレワークを行うとか、道路工事の時期を調整する、オリンピック期間中は車の利用を減らす、ゴミを減らすといったものになります。

 

企業の協力が必要不可欠になってきますので、オリンピックまでに東京都全体でこの仕組みを作り上げていくことが目下の課題です。

 

スムーズビズの認知度は低いともいわれていますが、ここから来年に向けてどうなるのか気になるところです。

 

ちなみに、2012年ロンドンオリンピックでは、通勤ラッシュを避けて行動し、時間を分散、ルート変更といった対策を取り、混雑緩和に役立ったという実績があります。私たちもロンドンに学び、オリンピックを安全に盛り上げていきたいですね。

まとめ「ずっと続けていけたら日本が変わるかも」

スムーズビズの仕組みや考え方は、東京オリンピックだけに特化させたものではありません。今後継続的に取り入れて、働き方を変えていこうという狙いがあります。

 

渋滞が緩和されるから生産性が上がるでしょう。働き方が多様化されるので働きやすさや社会復帰のしやすさにも繋がると思います。日本の中心である東京都が実施するのも大きな意味がありますよね。

 

働いている中で感じる無駄や働きにくさを、東京オリンピックを機に本格的に見直していけたら素晴らしいことです。




Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>雑談>【東京オリンピックの大混雑予想】通勤はどうなる?都が取り組んでいることは?

プロフィール

いつもありがとうございます!

ニャンテコトと申します。

楽しく、幸せな生活を手にする為に日々奮闘中です。

このサイトに来てくれた人がほっこりしてくれる…、そんなサイトを目指して頑張ります!

カテゴリー

アイハーブ

ページ上部へ戻る