必ず役に立つ!親の介護が始まる前に知っておくべき5つのこと

親 介護

親の介護って実際にやってみると本当に大変。

自身の生活や家庭・仕事などを続けながら、親の介護も…となると、自分の時間がほとんどないくらいなので、想像を絶するくらいだと思っておいてください。

とはいえ、知っているだけで介護がグッと楽になることがあることもあります。

ここでは、介護が始まる前に知っておくべきことを紹介します。

介護が始まる前に知っておくべき5つのこと

①介護について家族それぞれの考え方

自分の親はまだまだ元気でいてくれるはず…、そんな風に思い込んでいませんか?

介護というのはある日突然始まることが多いので、親が元気なうちに「介護が必要になった場合にどうするか」を家族みんなで話し合っておく必要があります。考えがズレていると後々トラブルに発展してしまうリスクもありますから。

まずは親の気持ちをしっかり聞きましょう。

・在宅で家族に看てもらいたい
・公的サービスを積極的に利用したい
・子どもの世話にはなりたくないので施設に入りたい

あなたは自分で介護をするものだと思っていたとしても、親は施設に入りたいと考えているかもしれません。

その後で、家族みんなで意見を出し合い、親の要望を極力叶えるためにはどうしたら良いのかを決めておくことは大切です。

・誰が中心となって介護を進めていくのか
・直接介護できない場合は金銭的な援助をする

といった重要な部分を具体的に決めておくことで、いざという時スムーズに動き出すことができます。

親抜きで兄弟姉妹だけで話し合っておくべきこと

・親の介護についてどう考えているか

同居して介護ができる、自分の仕事や家庭を優先させたい、あまり顔は出せないけど金銭面なら任せてほしい…など、本音で話し合っておきましょう。

本音とは言っても、譲れる部分は譲れるように努力する必要はありますが。

介護は終わりが見えないことなので、誰か1人だけに負担が集中すると、介護者が体調を崩したり、介護うつになるなど精神面に大きな影響を受けてしまうことも少なくありません。

数人で分担することで1人1人の負担を軽減させ、誰かがつぶれてしまわないようにサポートし合いましょう。

・情報を集めて、みんなで共有しておく

親の今の健康状態や気になること、かかりつけの病院、預貯金、どんな保険に入っているか…などの大事な情報は、兄弟姉妹みんなで情報収集して、共有しておくと、いざという時にスムーズに動けます。

②介護休業について

親の介護をしなくてはいけないので仕事を辞めた…という話をよく聞きますが、介護離職による貧困が新たな問題になっています。

そこで知っておきたいのが『介護休業』です。

介護休業とは、介護を必要とする家族がいる場合に、1回につき合計93日を上限として休業することができる制度。場合によっては93日以内なら3回まで分割可能。

賃金が必ずしも保証されるわけではないのですが、雇用保険法による介護休業給付を受けることができます。

介護休業は本人が事業主に申し出ることで取得することが可能で、希望する2週間前に届け出る必要があります。

この時、事業主が介護休業を拒否したり、申し出たことで退職を促すようなことは違法行為に当たるので、安心して介護休業を利用できるのも嬉しいですね。

介護は長期に渡ることが多いので、兄弟姉妹で順番を決めて、交代で介護休業を取得すると負担も軽くなります。

ただし、以下の場合は介護休業が取得できませんので注意してください。

・雇用されてから1年未満
・介護休業取得から93日以内に契約が切れる、または退職の予定がある
・就業回数が週2日以下

この他にも、病院の付き添いなどに利用できる『介護休暇』もあります。

要介護者1人につき、有給休暇とは別に年間5日まで取得することが可能で、要介護者が2人いる場合には年間10日まで取得することができます。

入社6ヶ月未満の場合や、出勤回数が週2日以下の場合には対象外となるので注意しましょう。

③介護保険サービスについて

40歳になるとすべての国民は介護保険に加入して、保険料を払います。

以下に当てはまる場合には、介護保険を利用して様々な介護サービスを受けられます。

・65歳以上の人で要介護認定により介護が必要だと認められた人

・40歳以上64歳以下で、国が指定する特定疾患により介護が必要となった人

介護保険は自己申告制になっているので、何も知らずに家族だけで介護を負担しているケースも結構多いです。

まずは市役所に行って要介護申請を行い、どれくらいの介護が必要なのか「要支援1.2」「要介護1~5」の7つのレベルで介護認定調査を受けます。

介護度によって利用できるサービスの上限額は異なり、利用額の1割が自己負担となります。

例えば要介護3だった人の場合、支給限度額は1ヶ月26万9310円まで。

・週2回の訪問介護
・週1回の訪問看護
・週3回のデイサービス・デイケア
・毎日1回の夜間巡回型訪問介護
・2ヶ月に1週間の施設への短期入所
・福祉用具貸与

などのサービスを受けることができます。

これって受けられるのと受けられないとでは、介護者の負担が全然違いますよね。

④民間サービスについて

自治体や民間業者によるサービスを利用することで、慣れ親しんだ環境で安心して生活を続けていくことができます。

配食サービス

配食サービスは、味付けや栄養バランスに配慮した食事を自宅に届けるサービスです。

自炊があまり得意でない人や、バランスの良い食事がしっかり摂れているか心配な人でも、このサービスを利用することで簡単で健康的な食生活が送れます。

食事の硬さなどを選ぶことができるし、レンジで温めるだけで美味しく食べることができます。

ガスコンロも使わなくていいので、火傷や火事などの心配も減って安心ですね。

家事代行サービス

家事代行の専門業者と、訪問介護事業所が保険外で提供しているものがあります。

専門業者によるサービスのほうが全体的に作業レベルが高く、エアコン掃除などのハウスクリーニングまでお願いできることも。

1時間2000円程度から利用できる業者があるので、いくつか比較してみることをオススメします。

例えば、利用できるエリアは限られていますが、『マイエプロン』では、水回り・部屋の掃除・身だしなみ・おまかせというように、重点的に掃除してもらうことも可能です。

訪問介護事業所によるサービスは介護資格を持ったスタッフが行うので、高齢者に寄り添ったサービスを受られます。

見守りサービス

セコムやアルソックなどのセキュリティ会社では、1人暮らしの高齢者のための見守りサービスを行っています。

・電気ポットなどの電化製品の使用状況から生存を確認できる
・緊急呼び出しボタンを設置する(ストラップを引っ張るだけなど高齢者でも扱いやすい)
・24時間無料で体や医療に関する電話相談ができる

何か問題が起これば、セキュリティ会社から家族へすぐに連絡がもらえます。

⑤任意の介護保険について

様々なサービスを利用するためにも、介護が必要になる前からお金を貯めておくことが重要!!

任意の介護保険には、親自身が加入するものと、介護者が介護に備えて加入するものがあります。

保険内容は、介護が始まった時に一時金として受け取れるものと、介護年金として一生涯受け取れるものがあるので、一度ファイナンシャルプランナーに相談してみてください。

*ファイナンシャルプランナーとは…

ファイナンシャルプランナーは、節約・税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続まで、あらゆるお金について総合的に資金計画を立てて、夢を実現するためにはどうしたら良いのかを一緒に考える専門家です。

まとめ

親の介護はいつ始まるのか誰にもわかりません。

だからこそ、介護が必要となる前に

・介護について家族それぞれの考え方
・介護休業
・介護保険サービス
・民間サービス
・任意の介護保険

などについて前持って知っておくことが大事なのです。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>生活の困りごと>必ず役に立つ!親の介護が始まる前に知っておくべき5つのこと

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る