連休なんて嬉しくない!!楽しく過ごすためのアイディア5つ

連休 嬉しくない

連休になると、旅行に行ったり、家族や友達とキャンプに出かけたりなど、楽しい予定をいっぱい立てて満喫しますよね。

ただ、中には「連休なんていらないのに…」と苦痛にすら感じている人もいるんです。

ここでは、連休なんて嬉しくない!!と思ってしまう理由と、連休を楽しく過ごすためのアイディアをいくつか紹介していきます。

連休を楽しく過ごす5つのアイディア

①朝にウォーキングをする

朝は1日の始まりなので、気持ち良くスタートを切ることがポイントです。

新鮮な空気を吸って、鳥の楽しそうな鳴き声を聞きながらウォーキングできるなんて幸せですよね。

それに、朝日を浴びると…

・寝つきがよくなる
・体内時計がリセットされる
・幸せホルモンが分泌される
・骨が丈夫になる
・免疫力がアップする
・妊娠しやすくなる

などの効果が期待できます。

それに、ウォーキングで体を動かすことで新陳代謝が活発になり、脳も活性化されるので、やりたいことがいろいろ湧いてくることも♪

②ジョギングをする

まずは体を痛めないように、ストレッチを十分に行ってください。

そして、とりあえず〇〇まで走ろう!!とゴールを決めて出発です。

無理なく走れる自分のペースで行うようにしましょう。

ジョギングには以下のような効果が期待できます。

・ダイエットできる
・ストレス発散できる
・美肌になる
・ポジティブになる
・疲れにくくなる
・モチベーションがアップする

③とりあえず外に出る

何も予定ないし…何していいかもわからないし…と、お家に引きこもっていても気持ちは沈んでいくだけです。

とりあえず外に出てみてください。

新鮮な空気をいっぱい吸って、風を感じるだけでも気持ちがちょっと落ち着くはずです。

近くのスーパーやコンビニで何かおいしいスイーツを買ってもいいですね。

1人でいると孤独や不安に押しつぶされてしまうので、まずは外に出て、色々な刺激を浴びてみてください。

④マッサージに行く

連休は自分をメンテナンスする日!!と気持ちを切り替えて、マッサージで日頃の疲れを癒してもらうのも良いでしょう。

整体やもみほぐし、リラクゼーション、カイロプラティック、タイ古式などいろいろなマッサージがあります。

安くて即効性を求めるならもみほぐし、心も体も癒してほしいならリラクゼーションマッサージがオススメです。

⑤大掃除をする

連休を持て余しているようなら、大掃除をするのもオススメです。

普段見落としがちな細かい部分や整理しきれていない押入れの中などをキレイにすることで、心もスッキリしますよ♪

時間はたっぷりあるので、昔のなつかしいアルバムを見たり、ハマっていた漫画をちょっと読み返したりしながら、マイペースに掃除してみてください。

この機会に断捨離してみるのもいいですね。

Sponsored Links

連休が嬉しくない5つの理由

①他の人と比べてしまうから

何も予定が無くても、のんびりお家で過ごせばいいんです、普通のお休みなら。

年末年始やゴールデンウィークなどの連休になると、テレビでは家族やカップル、友達同士で楽しそうに賑わうシーンばかりが報道されますよね。

すると、とてつもなく孤独でぽつーんとした感覚に襲われてしまうんです…。

②何をしていいかわからないから

仕事人間に多いのがこのタイプ。

仕事に生きがいを感じているので、いざ連休となると何をしていいのかわからないのです。

好きなことが特にない…という人も、子供の頃のような「時間を忘れて夢中になる」といった無邪気な気持ちを取り戻すことができず、連休を苦痛に感じてしまうのだとか。

③連休を一緒に過ごす人がいないから

友達や恋人がいない場合、連休は1人で過ごすことになります。

家族と一緒に住んでいたとしても、社会人になると両親とは別行動することが多くなりますよね。

連休を一緒に過ごす人がいないと、お家でゆっくり眠っていたり、ぼんやりテレビを見て過ごす…といった1日に。

初日はまぁまぁ楽しめたとしても、2日、3日…と時間が経つにつれて、つまらない連休に嫌気がさしてしまいます。

④渋滞や混雑が嫌いだから

連休に家族サービスをするお父さんに多いのがこのタイプ。

連休になると、どこもかしこも道は渋滞して、車を降りればたくさんの人でごった返しているので、うんざりしてしまうんですよね。

日頃の疲れがあるのに、連休だからどこかに連れて行かないと…という義務感のダブルパンチで連休が億劫になってしまうのも無理ないのかも…。

⑤連休のほうが忙しいから

これは主婦の切実な心の叫び。

連休になると、お父さんも子供たちもみんなお家にいるので、食事の準備や洗濯・掃除…いつもよりやることがいっぱい。

自分だけならお茶漬けで済ませることもできますが、家族がいればそうもいきません。

主婦は平日をマイペースに過ごしていることが多いので、連休になると家族に振り回されて忙しくなり、大きなストレスになってしまうようです。

 

まとめ

連休なんて嬉しくない!!と連休を苦痛に感じてしまう人もいます。

連休が苦痛な人でも楽しめる方法としては、朝のウォーキングやジョギング、マッサージなどがあり、とにかく外に出てみることが大切です。

せっかくお家でゆっくりできる時間があるので、いつもはできないところまで大掃除するのもいいですね。

何か楽しみが見つかって、連休がちょっとでも楽しく過ごせるように、色々なことに挑戦してみてください。

Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>生活お役立ち情報>連休なんて嬉しくない!!楽しく過ごすためのアイディア5つ

プロフィール

いつもありがとうございます!

ニャンテコトと申します。

楽しく、幸せな生活を手にする為に日々奮闘中です。

このサイトに来てくれた人がほっこりしてくれる…、そんなサイトを目指して頑張ります!

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る