リビングとダイニングの違い+物件選び時に絶対知っておきたいこと

リビング ダイニング 違い

お部屋探しの時に知っておきたいのはリビングとダイニングの違いです。

現住所とは遠い場所に引越しをする、忙しいなどの場合を除き、引越しを決める前は直接部屋を見に行くと思いますが、その違いを知っていれば直接見なくてもなんとなくイメージできるようになります。

ここでは、リビングとダイニングの違い、DKやLDKの違いについて説明します。

リビングとダイニングの違いは『何をする場所なのか』

簡単にリビングとダイニングの違いを説明するなら、リビングは居間ダイニングが食堂です。

リビング

ソファーでテレビを見たり、家族でだんらんする場所がリビングです。

ダイニング

テーブルを置いて食事をする場所がダイニングです。


日本では、リビングとダイニングが一緒になっていることも多く、ソファーとテーブルを置いて食事もできてくつろげるという間取りの物件も多いです。

結構大きな家に住んでいる人は、リビングとダイニングを分けているかもしれませんが…。

間取りとして別の部屋になっていたとしても、家庭によっては一緒にしてしまう場合もあります。

ちなみに、日本ではリビングを居間と言いますが、居間を英語にする場合はダイニングルームとなります。

DK、LDKの意味

DK、LDKといった表記はよく見ると思います。L=リビング、D=ダイニング、K=キッチンという意味ですが、これは、同じ場所にあるということを表しています。

DKなら、食堂とキッチンが同じ部屋にあるという意味で、LDKならリビングとダイニングとキッチンが同じ部屋にあるという意味です。

色々な場所が同じ部屋にあるほど、部屋が広くなる傾向にあります。

公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会』の広さの目安によると、下限を設けています。

居室(寝室)の数が1部屋なら、DKが4.5畳、LDKは8畳、2部屋以上ならDKが6畳以上、LDKが10畳以上です。※首都圏不動産公正取引協議会の規約

ちなみに、DKやLDKの前についている数字は部屋の数を表しています。1LDKなら1部屋+LDKという感じです。

物件を見る時は、部屋の広さも大切ですがどんな間取りになっているのかも重要です。見方を覚えて、あなたの住みやすいお家を探してみてください。

部屋の間取りなどは、普段見慣れていない人にとっては分からない用語、分かっているつもりだったけどよく考えたら違いが分からない用語が結構あります。

契約前に直接見に行くのが一番ですが、もし遠くて見られないとか、忙しくて見る暇がないという場合は、こうした用語をちゃんと調べておきましょう。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>生活お役立ち情報>リビングとダイニングの違い+物件選び時に絶対知っておきたいこと

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る