巻くだけ簡単!ロールケーキでホールケーキを作っちゃおう☆

ロールケーキ ホールケーキ

ロールケーキとホールケーキあなたはどちらが好きですか。

しっとりした生地のロールケーキとふわふわした生地のホールケーキ。

どちらも美味しくて迷ってしまいますよね。

贅沢をいえば、ロールケーキのようなしっとりした生地で、ホールケーキが食べたい!!

でも、ホールケーキのスポンジをしっとりさせてしまうと、ふわふわした厚みがなくなってしまう…

それなら、いっそロールケーキでホールケーキを作ってしまえばいいのです!!

ロールケーキとホールケーキの違いとは

ロールケーキとホールケーキの材料はほとんど一緒で、その分量に多少の違いがあるだけ。

ロールケーキの生地はキメ細かく、しっとりとしているのが特徴です。

また、ロールケーキは巻きやすいようにある程度やわらかさが必要なので、ホールケーキよりも薄力粉の量を少なくして、はちみつや牛乳を加えることでしっとりした生地に仕上げます。

そしてホールケーキは、卵の起泡性(泡立つ性質)を利用してふわふわに膨らませているのが特徴です。

気泡によってふわふわに膨らんだホールケーキの生地はグルテンによって支えられているので、薄力粉を多めに使用します。

この2つの大きな違いは焼き加減です。

生地の薄いロールケーキの場合、180~200℃の高温で10分くらいの短時間で焼き上げ、生地の分厚いホールケーキの場合、160~170℃の低温で25~40分くらいゆっくり時間をかけて焼き上げます。

ロールケーキでホールケーキを作る方法

まずはロールケーキの生地を作ります。

今回は、たった3つの材料を混ぜ合わせるだけで作れる生地をご紹介☆

【材料】*27~28cm角天板1枚分

薄力粉…60g
卵…4個
グラニュー糖…60g

生クリーム…200cc
グラニュー糖20~30g
バニラエッセンス…数滴

フルーツ…お好みで

作り方

①下準備をする。

・オーブンを200℃に温める。
・天板にオーブンシートを敷く。
・薄力粉を塊をなくすためにふるっておく。
・卵は常温に戻す。

Sponsored Links

②水気のないキレイなボールに卵とグラニュー糖を入れて、湯煎にかけながら白っぽくなるまで泡立てる。

*ハンドミキサーを使うとラク☆
混ぜ足りない場合は目が粗い生地に、混ぜすぎると目の詰まった生地に仕上がる。

③薄力粉を2~3回に分けて加えて、サクッと混ぜ合わせる。

④薄力粉が見えなくなるまでムラなく混ぜたら、天板に生地を流し入れて平らにし、天板をトントンと台に落として大きな気泡を潰し、オーブンで10分焼く。

⑤オーブンから生地を出して押してみて、シュワっと音がしたら焼きが足りないので、様子を見ながらもう数分焼く。

⑥焼き上がったら、乾燥しないようにラップをしてから粗熱を取る。

*焼き色の無いロールケーキがいい場合は焼き色側にラップをし、焼き色があるほうがいい場合にはオーブンシートで覆う。

⑦生クリームとグラニュー糖、バニラエッセンスを入れてよくかき混ぜ、ホイップクリームを作る。

⑧焼き色が内側か外側かはお好みでOK。
焼き色を取り除きたい場合には、ラップをゆっくりはがすと焼き色も一緒にキレイに取れます。

*巻き終わりを斜めにカットすると、キレイに巻ける。

⑨ホールケーキを作るために、2つ分のロールケーキの生地を作り、お好みと高さになるように横に3~4等分にする。

⑩カットした生地の上の面に生クリームや小さくカットしたフルーツを乗せて、カットした枚数分の生地を巻き、1つの大きなロールケーキに仕上げる。

⑪巻いている面が見えるようにロールケーキを横に寝かせて、表面に生クリームをたっぷり塗る。

*巻き終わりがデコボコしていますが、生クリームでごまかせるので大丈夫。

⑫フルーツやお菓子などで可愛く盛り付けて、ロールケーキのホールケーキ完成☆


ホールケーキの場合、スポンジが上手く膨らまなかったり、パサパサしたりと、失敗することも多いんですよね。

でも、ロールケーキの生地なら失敗することは少なく、しっとりとした生地のホールケーキに仕上がります。

生クリームを塗らないで、大きなロールケーキを楽しむのもいいですね。

Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>生活お役立ち情報>巻くだけ簡単!ロールケーキでホールケーキを作っちゃおう☆

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る