新米パパにも知って欲しい!産後うつの予防と改善方法

産後うつ マタニティーブルー

産後というのは、女性ホルモンが乱れていますし、周囲の環境がガラッと変わる時期ですから、産後うつになりやすいと言われています。

これは、心が弱いとか考え方がおかしいという事ではなく、誰にでも起こり得ます。子どもを守らなければならないというプレッシャーは強く、責任も重いと感じてしまうからです。

産後うつはがむしゃらに頑張っているだけでは、余計に悪化させてしまうリスクを高めます。

ここでは、産後うつはどうやって判断するのか、予防や改善するにはどうしたら良いのかについてお話します。

産後うつとマタニティブルーは違う

産後うつとマタニティブルーは、気持ちが沈んでしまったり、涙もろくなる、傷つきやすくなるなど、症状として似ている部分がありますが、大きな違いがあります。

・産後うつ:産後数週間~数ヶ月経ってから発症。最低2週間以上継続して症状が現れる
・マタニティブルー:産後3日後がピークに症状が現れ、10~2週間程度でおさまる

※引用元 『マタニティーブルーとは?産後うつ病とはどう違うのか

分かりやすい違いは、いつから現れるのかという部分。

産後1ヶ月以降に症状が現れたのであれば、産後うつの可能性が高くなります。

この本によると、産後うつが現れるのは10~15%となっています。この割合は9~10人に1人という確率ですから、結構高いですよね。

ちなみに、マタニティブルーが現れるのは60~80%と、かなり高確率です。

それって本当に産後うつ?セルフチェック

産後1ヶ月くらいは、精神的にも安定しません。

子どもができたという幸福感、出産が終わったという達成感や充実感。そして慣れない育児や出産による体の疲労感で、心のバランスがなかなか保てません。

また、産後1ヶ月くらいになると、周りのサポートも減ってしまったり、夫も生活の為に仕事に精を出すようになったりと、母親としての責任は重くなるのに、孤独を感じるようになってしまいます。

この時に気分が落ち込んでいるだけなのか、産後うつなのかをちゃんと判断しておく必要があります。

【産後うつに現れやすい症状】

・涙もろくなった
・気持ちが落ち込む
・疲労感や無気力感が続く
・母親としての自信がなくなる
・赤ちゃんを心配し過ぎる、もしくは無関心になる
・家事や育児に集中できない
・物忘れが多くなった
・悲観的に考えるようになる
・何か起こっても対応できなくなった
・前よりも話し方や動作が鈍くなった
・消えたいと思うようになった

これらの特徴に当てはまっているのなら、産後うつかもしれません。

多少疑いがあるのでしたら、なるべく早い段階でメンタルクリニックや精神科に受診するのが理想です。できるだけ早く相談に行くことをおすすめします。

産後うつを予防する方法

産後うつを予防するには、周りの人の協力が必要不可欠です。

子育ては責任を伴い、それを一人で抱えていると感じてしまうと、常に不安を感じてしまったり眠れない日々が続いてしまう場合があります。

そうなると、心の状態は悪化してしまい、産後うつへと向かってしまうのです。

特に、几帳面な人や努力家な人、責任感の強い人は産後うつになりやすい傾向にありますので、自分だけで乗り越えようとするのではなく、家族や親せき、友人などにも協力してもらうことが大切です。

子どもが生まれると、あなた自身を含めて周りの人は子どもばかりを意識しがちですが、ママの心や体のケアもそれと同じ、もしくはそれ以上に大切。

子育てに関して分からないこと、自分が不安に思っていることなど、悩みがあればすぐにでも相談するクセを付けておいてください。

周りの人に相談できる人がいない、相談するのが恥ずかしいという人は、電話相談をしてください。

『子育てホットライン ママさん110番』
TEL:03-3222-21200
http://www.nippo.or.jp/
『エンゼル110番』
TEL:0800-5555-110(フリーダイヤル)
http://www.angel110.jp/

エンゼル110番ならフリーダイヤルですので、気軽に利用してください。

また、エンゼル110番のサイトでは、コラムや他の人の相談などについての情報もあります。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>病気>新米パパにも知って欲しい!産後うつの予防と改善方法

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る