子どもの「どうして?」攻撃に分かりやすく答える!節分の由来とは

節分 由来

子どもの好奇心は底を知らないかのように、次から次へと質問してきます。

節分くらい大きめの行事となると、「どうして?」攻撃が始まってしまいますよね。

毎年やっているはずの節分とはいえ、いざ答えようとすると意外に分からないものです。

分からない時に「どうして?」攻撃を受けると、ついイライラしてしまい、「いいから早くやれ!」と、空気を悪くしまうことも…。

どんな質問でも、笑って答えられるように知識を付けておいて準備をしておきましょう。もしかしたら、妻や夫から「物知りなんだね(^^♪」と惚れ直されるかも。

ここでは、分かりやすく子どもに伝える方法についてお話します。

Sponsored Links

子どもの質問への答え方

「節分の日って何?」

節分というのは、元々季節を分けることを表しており、言い換えると季節の変わり目という意味です。

ですから、昔は4回あったものが今では、2月3日頃に行うのが習慣となりました。

厳しい冬を乗り越えたからとか、春は1年の始まりだと考えられていて2月3日は大みそかだったからいった理由があります。

子どもへの伝え方

寒い冬から暖かい春になったお祝のようなもの。もしくは昔の大みそかのようなものだよ

「どうして豆をまくの?」

昔は、豆などの穀物に魔除けの力や生命力が宿っていると言われており、それをまくことで1年間の無病息災を願う意味合いがありました。

また、まめは「魔目」「魔滅」と、語呂も良かったのも理由のひとつだと言われています。

鬼にぶつけることで邪気を払い、1年間健康に過ごせるように祈願するのが豆をまく理由ということです。

子どもへの伝え方

豆にはすごい力があって、それをまくことで1年を健康に過ごせるようになるんだよ。

「どうしてあの方向を向いて恵方巻きを食べるの?」

恵方巻きができたのは、諸説あってどれも信憑性も定かではないと言われています。

船場で女性が太巻きを丸かじりしながら願い事をしたとか、船場の旦那達が遊びでやっていたとか、商人が商売繁盛のために祈願したのが始まりなどあります。

元々は、恵方巻きとは言われていなかったのですが、セブンイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻き」を商品名に採用したことによって、2000年以降は恵方巻きと呼ばれるようになったそうです。

その方向に向かってことを行えば、何事も吉とされています。

子どもへの伝え方

あの方向を向いて食べたら、願い事が叶うと言われているからだよ。

→「どうして願い事が叶うの?」

運が良くなるからだよ。

「どうして年の分だけしか食べられないの?」

節分には年の数だけ豆を食べると言われていますが、厳密に言えば年齢+1つ食べるのが一般的です。

邪気を払った豆は福豆と言われ、それを体に入れることで健康に過ごせるようになれるという迷信があり、1つ多めに食べることで、来年も健康で過ごせますようにという願いを込められます。

子どもへの伝え方

豆にはすごい力があって、それを食べることで1年間健康で過ごせるようになるんだよ。

「年の分よりも多く食べたらどうなるの?」

年の分+1つまでとは言え、それ以上食べたらダメというのはないそうです。

ただ、大豆には食物繊維がたくさん含まれており、食べ過ぎるとお腹を下したり、おならが止まらなくなってしまうことがあります。

大人でも食べ過ぎには注意してください。

子どもへの伝え方

たくさん食べても良いけど、後でお腹痛くなるよ。

「どうして鬼も中に入れてあげないの?」

小さいお子さんだと、可愛らしい鬼のお面でも怖がるかもしれませんが、年齢を重ねると怖がらなくなり、「どうして鬼は外に追い出してしまうの?」なんて優しい考えを持ってくれるかもしれません。

鬼というのは、元々は隠(おん)から転じて、鬼というようになったとされており、邪気という意味もあります。

ですから、「鬼は外、福は内」ということで、家に福を招いて邪気を追い出そうという意味があるのです。

ですが、神社や寺院によっては鬼も内に招くような掛け声をするところもありますので、そこは厳密に守らなくても良いかもしれませんね。

子どもへの伝え方

じゃあ、鬼も家に入れちゃうか!


節分は健康や平和を願う行事ですから、家族で楽しく一日を過ごしましょう。

パン屑ナビ

生活雑多>冬のお役立ち情報>2月>子どもの「どうして?」攻撃に分かりやすく答える!節分の由来とは

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る