卒園式なのにインフルエンザ…出席させるのは親のエゴ?

卒園式 インフルエンザ

卒園式は大切な我が子の晴れ舞台。親としてはぜひ出席させたいし、自分も子どもの姿を見たいですよね。

なのに、子どもがインフルエンザにかかってしまった…。

そんな場合、卒園式に出席させても良いのか、それとも諦めるしかないのかについてお話します。

インフルエンザにかかったら卒園式は諦めるしかないの?

結論から言いますと、非常に残念ですが卒園式の出席しない方が良いです。というのも学校保健安全法で禁止されているからです。

学校保健安全法によると、インフルエンザにかかった場合、幼児についての出席停止期間は

発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで

引用:文部科学省

としています。発症というのは発熱とされていますので、発熱してから最低でも5日は安静にさせておかなければならないという事です。

というのも、インフルエンザは解熱してもウイルスが体内に残っている可能性があり、その状態で外出すると周囲の人にも感染する恐れがあるからです。

周りの園児のことも考えて!

自分の子どもの大事な日ですから、子どもの思い出作りにばかりに意識が行っているかもしれません。

そのため、子どもの熱が下がったなら卒園式に出席させられると考えてしまいがち。

確かに、あなたの子どもは参加しても肉体的にキツイことはないでしょう。ですが、冷静になって考えてみてください。

卒園式には多くの子ども、そして保護者が出席します。

お子さんの体内にウイルスが残っている状態で出席させてしまうと、周りにいる園児たちを始め、保護者に感染してしまう可能性があります。

あなたやあなたの子どもは満足かもしれませんが、周りの子どもや保護者はインフルエンザに苦しむことになるということです。

場合によっては、常識が分からない親として周りの人から白い目で見られるかもしれません。

また、逆に考えてみてください。

あなたのお子さんは健康だったのに、インフルエンザにかかった子どもが出席停止期間を出席したために、あなたのお子さんがインフルエンザで苦しんだとしたら…。

親として、人生にたった一度しかない卒園式に出席させたい!と思う気持ちは痛いほど分かりますが、周りのことを考えると控えてください。

改めて卒園証書授与してもらえるかも

みんなで行う卒園式には出席できなかったにしても、園長先生の配慮で後日、卒園証書授与してもらえる可能性があります。

というよりも、園長先生も欠席者が出るのは不本意でしょうから、インフルエンザになったことを伝えたら、きっと配慮してくれるでしょう。

「大丈夫ですから」に甘えない

中には、「熱が下がったら卒園式に出席しても大丈夫ですよ」と優しいことを言ってくれる園長先生もいるでしょう。

もちろん、これは園長先生の善意であり、みんな揃って卒園式をしたいからです。

親としては、その提案に思わずうなずいてしまいたいかもしれませんが、後々のことを考えたら断った方が良いです。

他の子がインフルエンザを発症してしまったら、仮にあなたの子どもから感染していなかったとしても、あなたやあなたの子どものせいにされ、トラブルに発展するかもしれません。

ですから、優しい言葉をかけられても、お子さんが元気でも、熱が引いて3日間は外出させないでください。

あなたも一人の親であると同時に、一人の大人です。感情だけで判断するのではなく、冷静に考えてベストな行動をしてください。

パン屑ナビ

生活雑多>春のお役立ち情報>3月>卒園式なのにインフルエンザ…出席させるのは親のエゴ?

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る