常識!?正月飾りをいつまで飾っているのか|関東と関西の違いとは

正月飾り いつまで

年末から飾り始める正月飾り。一定期間飾った後に片付けるのですが、どれくらいで外したら良いのかは、知っておいた方が良いです。

いつまで飾るのかは関東と関西、地域などによって違っていますので、それも踏まえて覚えておくと良いでしょう。

ここでは、いつまで飾っているのか、関東と関西はどんな違いがあるのかについてお話します。

正月飾りを片付ける日

正月飾り 片付け

正月飾りは、門松・しめ飾り・鏡餅などがあり、飾っている期間は門松は松の内と言われる間です。

と言っても、片付ける日は関東と関西で違っていて、関東は『1月7日』まで、関西は『1月15日』までです。

関東と関西では飾っている期間が違いますので、関東・関西間で引越しをした人は注意してください。

また、地域によっては『1月20』までとなっています。よく分からないのであれば、その地域に長く住んでいる年配の人に聞いてみると良いでしょう。

鏡餅は別

鏡餅は門松やしめ飾りとは違い、一般的には『1月11日』関西を中心とした一部の地域は『1月15日』に鏡餅を下げます。

鏡餅も地域によって『1月4日』までだったり、『1月20日』までだったりします。

Sponsored Links

正月飾りの処分方法

正月飾り 処分

正月飾りって、神聖な感じがして普通のゴミみたいにポイッと捨てにくいですよね。

処分する時はどんど焼きで処分するのが恒例となっています。

どんど焼きとは、神社で行われていたり地域の行事として行われており、『1月15日』に正月飾りで使ったものを火で処分しています。

その火に当たるとその年歯健康でいられるという意味もありますので、ぜひ参加してください。

どんど焼きに参加できなかった場合

どんど焼きに参加できず、処分できなかった場合は一般ゴミで出すしかありません。この時、そのままポイッと捨ててはいけません。

・正月飾りを大きめの紙(新聞紙など)の上に置く
・塩を左→右→中央の順番で振りかける
・下に敷いた紙で包み、一般ゴミと別の袋に入れる
・感謝、今年の繁栄の祈願をしてゴミに出す

この手順を守って処分してください。

鏡餅は食べる

鏡餅は一口サイズにして食べます。

大きい物は刃物で切るのはご法度となっていますので、ハンマーや木槌などでたたき割って小さいサイズにしてください。

実はコレも、鏡餅に宿った神様のエネルギーを食べることで、1年を健康的に過ごせると言われています。

古き良き日本の風習ですから、正しい手順で片付けや処分をして良いお年を迎えてください。

Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>冬のお役立ち情報>1月>常識!?正月飾りをいつまで飾っているのか|関東と関西の違いとは

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る