中性洗剤とは?特徴やメリットを分かりやすく説明+市販の中性洗剤も

洗剤

何かを洗う時に『中性洗剤で洗ってください』と指定されているのを見かけることがあります。

もしかしたら、それを見て「中性洗剤って何?」となってこのサイトに辿り着いたのかもしれませんね。

ということで、長ったらしい前置きはさておき、早速中性洗剤についての説明と、市販にはどんな商品があるのかなどについて解説します。

中性洗剤とは

中性とは、アルカリ性と酸性の中間という意味です。

酸性が強くなると物が溶けてしまうほど刺激が強くなりますが、その逆のアルカリ性は肌にとって刺激となりますので肌荒れの原因になります。

その中間である中性であれば肌への刺激が一番低く、洗浄力も弱いので、肌や物にも優しいという訳です。

「え?肌が弱いのは良いとして、洗浄力が弱いのはダメじゃない?」と思うかもしれません。

確かにそうなのですが、物によっては酸性かアルカリ性になってしまうと、傷んでしまう可能性があります。

例えば、絹やウールなどはどちらかに近くなるほど、傷んでしまう可能性が高くなり、収縮や毛羽立ちを起こすことがあります。

いくら汚れがキレイに落ちても、着られなくなっては本末転倒ですよね。

ですから、傷みやすい物には中性洗剤を使う必要があるのです。

もちろん、肌が弱くて肌荒れしやすいという人も中性洗剤を使った方が良いでしょう。

中性洗剤にも洗浄力はある

弱いとは言いましたが、中性洗剤にも洗浄力はあります。洗剤には界面活性剤が配合されているからです。

界面活性剤の水と油を混ぜ合わせる働きにより、油汚れを水に浮かせて落とせるようになります。

皿に付いているしつこい油でも、しっかり落とせますよね。

ただし、酸性やアルカリ性と比べると洗浄力の面で劣りますので、かなり汚れてしまった場合は中性洗剤で落とすのは難しくなります。

どうしても諦めたくないという場合は、自分で何とかしようとするのではなく、クリーニング業者に頼んで汚れを落としてもらった方が良いでしょう。

市販の中性洗剤

中性洗剤は、台所用とか洗濯洗剤、浴室用洗剤、トイレ用洗剤と色々な種類がありますが、ここでは台所用洗剤と洗濯洗剤だけを紹介します。

中性洗剤かどうかを確認するには、詳細の部分を見ると分かります。液性の項目に『中性』と書かれていれば中性洗剤という事です。

台所用洗剤

・キュキュット
・ファミリーフレッシュ
・チャーミーグリーン
・チャーミーマジカ
・ママレモン

洗濯洗剤

・ファーファ
・エマール
・ウタマロリキッド
・アクロン
・トップ
・ニュービーズ
・ボールド

浴室用洗剤

・バスマジックリン
・おふろのルック
・ウタマロクリーナー

洗浄力が弱いと言われていますが、それを活かせば肌や洗う対象の物へのダメージを抑えつつ、汚れを落とせます。

むしろ、分からなかったからと適当に洗剤を選んでしまうと、お気に入りの物が使えなくなってしまうかもしれませんよ。

「中性洗剤で洗ってください」という表記があるものは、ここで紹介しているような洗剤を必ず使ってください。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>生活の困りごと>中性洗剤とは?特徴やメリットを分かりやすく説明+市販の中性洗剤も

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る