運動会のお弁当作り☆冷めてもおいしいおかず4選

運動会 弁当 おかず

運動会はみんなでお弁当を食べるのも楽しみの1つですよね。

お弁当のおかず選びは、「冷めてもおいしく食べれるもの」というのがポイントです。

ここでは、運動会のお弁当にぴったりな、冷めてもおいしいおかずを作るポイントと4つのレシピをを紹介していきます。

冷めてもおいしいおかずを作る4つのポイント

脂の少ないお肉を選ぶ

お弁当を開けた時に、お肉の脂が白く固まっていることってありますよね。

冷えた脂は白く固まり、表面にペタッとくっついてしまうので、味もはもちろん見た目も残念なことに…。

なので、お弁当には脂の少ないお肉を選ぶのがポイントです。

牛肉ならヒレ、鶏肉ならささ身やむね肉、豚肉ならヒレやロースがオススメ!

脂の多いお肉を使用する場合には、一度湯通しして余分な脂を落としたり、加熱してからキッチンペーパーで脂を取り除きましょう。

揚げ物の衣に片栗粉を混ぜる

揚げたては良くでも、お弁当を食べる頃には揚げ物が油でベタベタしますよね。

揚げ物のベタつきを防ぐには、衣に片栗粉を混ぜるのがポイントです。

小麦粉40gに対して、片栗粉10g程度がオススメ☆

その他にも…

・揚げた後にキッチンペーパーでしっかり油をとる
・唐揚げなら二度揚げして肉汁を閉じ込める

などの方法があります。

濃い目の味付けにする

温め直せる場合はいいのですが、お弁当を冷めた状態で食べるとなると、味が薄く感じてしまいがちです。

また、冷たいごはんでもモリモリ食べられるように、濃い目の味つけにすることがポイント☆

濃い味つけにすることで、おかずを傷みにくくすることもできます。

とろみをつける

汁気の多いものや野菜炒めなどは、時間が経つにつれて水分が出てきてしまいます。

お弁当全体に汁気が広がってしまわないように、片栗粉やくず粉などでとろみをつけると、水分が出るのを防ぐことができます。

冷めてもおいしいおかず4選

鶏もも肉のマスタード焼き

【材料】(鶏もも肉1枚分)

鶏もも肉:300g(約1枚分)
オリーブオイル:小さじ1
料理酒:大さじ1

マスタード:小さじ2
はちみつ:大さじ1
しょうゆ:大さじ1

作り方

1)鶏もも肉はひと口大にカットします。

2)強火のフライパンに油をひき、皮の部分から焼いていきます。

焼き色が付いたら裏返し、料理酒を加えてフタをして、中火で5分蒸し焼きにします。

3)マスタード・はちみつ・しょうゆを混ぜ合わせたものを加え、強火にします。

フライパンをゆすりながら照りがついたらできあがり☆

皮目はこんがりきつね色になるまで焼くのがポイントです。

密閉容器に入れたら、冷蔵で2~3日、冷凍で2~3週間保存することができます。

参考:Nadhia(鶏もも肉のマスタード焼き

チキン南蛮

【材料】(3~4人前)

鶏むね肉:2枚(400~500g)
酢:1/8カップ
料理酒:3/8カップ
塩:ひとつまみ
小麦粉:1/2カップ
片栗粉:1/4カップ
油:鍋またはフライパンの底から1.5cmくらい

*南蛮酢*
みりん:1/8カップ
しょうゆ:1/3カップ
酢:1/3カップ
水:1カップ
砂糖:大さじ2
粉末だし:大さじ0.6
*タルタルソース*
ゆで卵:Mサイズ3個
らっきょう:10~15粒(お好みで)
マヨネーズ:大さじ5
牛乳:大さじ2
砂糖:大さじ0.5
ブラックペッパー:大さじ0.6
パセリ:大さじ0.6

作り方

1)鶏むね肉をフォークで適当にぶすぶす刺した後、コップの底や包丁の峰で軽く叩きます。

厚さ1cmくらいになったら、ひと口サイズに削ぎ切りにして、包丁の峰でトントンしながら厚さを均等にします。

2)ジップロックに酢・料理酒・塩を混ぜ合わせ、カットした鶏むね肉入れて軽く揉み込みます。

3)空気をできるだけ抜いて、冷蔵庫で1時間から1日漬け込んでおきます。

4)南蛮酢を作っていきます。

粉末だし以外の材料を鍋に入れ、煮立ったら火を止めます。

粉末だしを入れて混ぜ、アルミホイルで軽くフタをして、そのまま冷まします。

5)タルタルソースを作っていきます。

ゆで卵はフォークの背で潰し、らっきょうはみじん切りにします。

マヨネーズ・牛乳・砂糖・ブラックペッパー・パセリと混ぜ合わせたら、冷蔵庫で冷やしておきます。

6)寝かしておいた鶏むね肉の水分を拭いて、マヨネーズかサラダ油で軽く油膜を作ります。

小麦粉と片栗粉を大きなお皿かバットに入れて混ぜ合わせ、鶏むね肉にまぶします。

7)フライパンに油を入れて強火で4~5分くらい熱したら、中火にして鶏むね肉を入れ、両面を3~5分ずつ焼き色を見ながら揚げていきます。

この時、一気に上げてはダメ!!半分ずつくらい揚げてください。

8)火加減や焼き時間は様子を見ながら調節し、おいしそうな焼き色になったら油を切り、しばらく予熱で放置します。

9)お弁当箱に盛り付け、南蛮酢とタルタルソースをかけたらできあがり☆

汁気が出ないように南蛮酢を先に染み込ませておき、シリコン容器などに入れて弁当箱に入れるのがオススメです。

タルタルソースは別の容器に入れて、食べる直前にかけてもいいですね。

参考:Rakutenレシピ(冷めても美味しいチキン南蛮

鶏ごぼうの炒め煮

【材料】(3~4人前)

鶏もも肉:1枚
ごぼう:1本
にんじん:1本
だし汁(かつおだし):300ml
だし昆布:5cm角

砂糖:大さじ2
お酒:大さじ1
みりん:大さじ2
しょうゆ:大さじ3
サラダ油:大さじ1

作り方

1)たわしや包丁の背でごぼうの皮を削ぎ、回転させながら縦長の乱切りにします。

2)カットしたごぼうを水にさらして、アクを取ります。

3)にんじんも皮をむき、ごぼうと同じように乱切りにします。

4)鶏もも肉を2~3cm角くらいにカットします。

5)お鍋にサラダ油をひいて火をつけたら、鶏もも肉を軽く炒め、ごぼうとにんじんも加えて更に炒めます。

油が全体に回ったら、だし汁を加えてください。

6)だし昆布をキッチンばさみで適当な大きさに細くカットします。

この時、煮立ってアクが浮いてきたら取り除いてください。

7)砂糖・お酒・みりん・しょうゆを加えて、落としぶたをしたら中火で煮込みます。

8)お鍋を揺すりながら、汁気がほとんど無くなるまで煮たらできあがり!

こんにゃくやレンコンを入れてもおいしいです。

参考:クックパッド(鶏ごぼうのこっくり炒め煮

ヘルシー♪棒ヒレカツ

【材料】(2人前)

豚ヒレ肉(かたまり):250g
天ぷら粉:適量
パン粉:適量
塩こしょう:適量

作り方

1)豚ヒレ肉は口でパクッとくわえられるくらいのスティック状にカットして、それぞれ塩こしょうをします。

2)天ぷら粉を水で溶いてとろっとさせたら、フライの要領でつけて、パン粉をまぶします。

3)180℃の油で最低12分くらい揚げます。

太さによって時間を調整してください。

4)揚げてから10分くらい休ませたら、切り分けてできあがり!

ソースやマスタードをかけたり、レモンを添えてもおいしいです。

豚ヒレ肉はかたまりで揚げることで、肉汁が閉じ込められてジューシーに仕上がります。

参考:クックパッド(ジューシィー・ヘルシー棒ヒレかつ

まとめ

運動会のお弁当に入れるおかずは、冷めてもおいしく食べられるものを選ぶようにします。

・脂の少ないお肉を選ぶ
・揚げ物の衣に片栗粉を混ぜる
・濃い目の味付けにする
・とろみをつける

などのポイントを押さえるだけで、ごはんがモリモリ進むお弁当を作ることができます。

パン屑ナビ

生活雑多>運動会のお役立ち情報>運動会のお弁当作り☆冷めてもおいしいおかず4選

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る