SF観るなら知っておくべき!?タイムパラドックスとは何か?

タイムパラドックス イメージ

タイムパラドックスというのは、過去に戻って何かに関わることによって現在、もしくは未来が変わってしまうことです。

一言で説明できてしまうのですが、その内容は実に様々な解釈があります。SF系の作品にしても、作品ごとにどの解釈を取り入れているかで意味が変わってきます。

タイムパラドックスについて詳しく知っていた方が、「なるほど!このパターンか」と、話しが理解しやすくなってより楽しめますよ。私自身もそうです。

そこで、タイムパラドックスについて、なるべく分かりやすく説明していきたいと思います。

タイムパラドックスによる考察は多くある

仮に過去に戻って親の存在を消そうとした場合どうなるのか、それについても3つのパターンが考えられています。

・何らかの理由でそもそも親の存在を消せない(矛盾がうまれない)
・親を消すと自分も消え、自分が消えると過去に戻る自分もいなくなるから、やっぱり親は消えない、すると親を消す自分がいる訳だから…という矛盾が生まれる
・親が消えた世界と、自分がいた世界に分岐する(パラレルワールドができる)

まずはこの3パターンについて考察していきます。

矛盾がうまれない

過去に戻っても成し遂げられなかったから、現在があるというように、何らかの理由によって阻止され、歴史の改変に失敗するパターン。

これは、歴史は変わらないとか、変わった結果の歴史が現在の姿というような考え方ですね。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の例

涼宮ハルヒの憂鬱では、主人公のキョンとハルヒが初めて会話した時、ハルヒが「あたし、あんたとどこかで会ったことがある?ずっと前に」と問いかけます。

実は、過去に戻ったキョンが中学生の頃のハルヒに会っており、一緒に校庭に幾何学模様を書いた過去があったのです。

もちろん、この時のキョンは何も知らないので会ったことに対しては否定していました。

作中では「過去に干渉して未来を変えることはできない」とか「本に書いた落書きのようなもの」だと言われていますが、それは過去に干渉できないのではく、過去に干渉した結果が現在の姿という意味だそうです。

『ドラえもん』の例

32巻の「連想式推理虫メガネ」は、密室にあった金貨が消えた事件をドラえもんとのび太が解決するためにタイムマシンに乗って、その時間帯に張り込むという話。

張り込みを続けた結果、誰も現れず、結局ドラえもんがそこから金貨を取って持ち主に返します。

簡単に説明すると、ドラえもんがそこから金貨を持って行ったから事件が起こった訳で、犯人はドラえもんだったということです。

過去に起こったことを踏まえて現在がある。という考え方はそんな感じですね。

矛盾がうまれる

この考え方は、子どもが生まれたから親の存在を消そうとした、というのと親の存在を消したら子どもが消える。子どもが消えたから親が無事。だから子どもが生まれて…と延々繰り返すことになります。

これに関する作品について、私自身が知識がないために分かりません。

個人的には、この次に説明することの方が多いように感じます。

パラレルワールドが発生する

親の存在を消したことによって、親が存在しない世界と、親がそのまま存在している世界に分岐するパターンがあります。

これについては、さらに2つのパターンに分けられます。

・過去に戻って改変しても自分が帰れるのは改変する前の世界
・改変すると、自分が変えたことによる影響を受けた世界に帰れる

『ドラゴンボール』の例

では過去を変えても、自分が帰れるのは元の世界となっていました。

未来から来たトランクスが、人造人間が誕生するのを食い止めようとした時に、ここで阻止しても未来の人造人間が消える訳ではないと言っていました。

パラレルワールドは存在するのに、過去の世界を変えても現在は変えられないという例です。

次に、過去を変えると現在や未来も変わるパターンの例を見ていきましょう。このパターンは結構多く、王道って感じがしますね。

『傾物語』の例

『化物語』シリーズの『傾物語』では、過去を変えることで、現在に戻った時に大きく変化していました。

別世界に行くという感じではありませんでしたが、未来が変わってしまったという感じでした。

作中でも世界が分岐したというような話もありました。(正直若干うろ覚えです。すみません…)

ちなみに、タイムリープやタイムループする作品に関しては、パラレルワールドというよりも、その世界の運命そのものが変わるパターンが多い気がします。

シュタインズゲートに関しては、「世界線が変わる」と言って、行動を変えることで未来が変わるというような感じでしたね。

ただ、過程が多少変わっても、結果自体は変わらないみたいなことを言っていて、結局世界線自体を大きく変えないと未来は変えられない、みたいな感じでした。

どちらにしても、パラレルワールドとはちょっと違う感じがします。

タイムマシンは永遠に開発されない?

話は少し変わりますが、タイムマシンは永遠に完成しないという説もあります。

未来から来た人が確認されていないのだから、今後タイムマシンが存在していないのだとか…。それに、時間を逆行するのは不可能と考える人もいます。

確かに、未来人が来ていないのならタイムマシンが完成していないという証拠なのかもしれません。

ですが、過去の人に見られてはいけないとか、未来人だと悟られてはいけないというような規定があったとしたら、実は既に未来から来ている人がいるという可能性もありますよね。

それに、一時期ネットで話題になったジョン・タイターは、未来人であると自称し、色々な証拠をネットにアップロードしていきました。アメリカでは本も出版されたほど有名になりましたね。

こうしてみると、将来タイムマシンが完成する可能性もゼロではないのかもしれません。

私自身分からないことだらけですから、否定も肯定もできないのですが、時間移動系の話というのは、いろいろな説があって面白いですね。


タイムパラドックスに関しては、本当に色々な説があって断定するのは難しいのですが、大体のパターンはありますので、それを知っているだけでSFはもっと楽しくなります。

作品の中には、全然違った解釈をしていることもありますので、それを聞いているだけでも面白いです。だから私はタイムスリップやタイムパラドックスを扱う作品は好きなものが多いです。

あなたも、SF系の作品を見る時はタイムパラドックスについて理解しておくと、きっと楽しめますよ(^^♪

パン屑ナビ

生活雑多>雑談>SF観るなら知っておくべき!?タイムパラドックスとは何か?

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る