AM0時は0時?24時?もう二度と間違えない簡単な覚え方

am0時生活お役立ち情報
この記事は約2分で読めます。

AM・PMって、使い慣れていない人にとっては少しややこしいですよね。特に難しいのは、AM0時という表記。

「え?それって昼なの?夜なの?」と考え出すと、余計にわからなくなってしまいます。

ここでは、一度覚えたら二度と間違えない覚え方を紹介します。

AMとPMを日本語に変換する

簡単にわかる方法としては、AM・PMを日本語にすることです。

AM0時→午前0時とすると分かると思います。午前0時なら深夜の0時であることが分かります。

AM12時なら午前12時、つまり昼の0時ということです。

「それでもわかりにくい!」という場合は、午前11時と変換してみてください。午前11時なら昼前の11時だということが分かります。

そこから連想して、AM12時は昼のこと、AM0時は深夜のことだと分かります。

AMとPMの違いの覚え方

・AMはante meridian
・PMはpost meridian

って言われても、正直ピンときませんよね。そもそも、これラテン語から来ています。

英語ならまだしも、ラテン語となると余計にピンとこないですよね。なんなら、午後という意味のアフタヌーン(afternoon)のAだと思ってしまったら逆ですし。

私が個人的にやっていた覚え方は、「Aはアルファベットの一番”前”にあるから午”前”」という覚え方です。

「どっちだっけ…」となった時に思い出してみてください。

まとめ

AMとかPMって、なじみがないと本当にわかりにくいですよね。なぜかこんな感じの二択系って、一度間違えてしまうと、次からもやたら間違えてしまいます。

左右も覚えるのに時間がかかってしまいました…。

こんな感じで、なかなか覚えられない場合は、自分なりに関連付けるのがおすすめです。色々なものと関連付けてみると、「コレなら覚えやすい!」みたいなものと出会えるはずですから。

タイトルとURLをコピーしました