【いちごの飾り切り】超簡単!3分でできるバラの作り方とポイント

いちご バラ 作り方

どんなスイーツの上にもちょこんとかわいく飾れるいちご☆

そんないちごは、見ためも味も楽しめるフルーツ界のお姫様のような存在ですよね。

そのままおくだけでもかわいいのですが、ちょっと手を加えるだけで、キレイなバラに生まれ変わります。

いちごの飾り切りをマスターして、もっともっとスイーツ作りを楽しんでみませんか?

いちごデコ☆バラの作り方と5つのポイント

①いちごを洗う

②ヘタの部分を下にして置き、外側から切り込みを入れていく。

③ヘタの部分に向かって、できるだけ薄く、そして深めに切り込みをいくつか入れる。

④中央に切り込み入れたらできあがり☆

文章だけでは伝わりにくいので、2つ動画を紹介します。

ポイント

1)大きめのいちごを選ぶ

2)細かい作業になるので、果物用の小さなペティナイフが扱いやすい

3)1つ1つの切り込みを薄くして、切り込む数が多い分だけいちごの花びらが広がるので、より華やかなバラが完成する

4)いちごの中心部分は包丁の先端を使用して、つぼみをイメージしながらチョンチョン切り込みを入れる

5)切り込みを入れると日持ちしなくなるので、その日のうちに食べるようにする。

*りんご飴のように飴でコーティングすると、傷みにくくなります。

その他のいちごの飾り切りとそのポイント

ハートと桜

①ヘタを中心に、その真下をVの字にカットする。

②いちごを3枚にカットする。
大きめのいちごなら4枚でもOK!!

③外側の2枚は切り口を下にすると、ぷっくり可愛いハートの完成☆

④3枚にカットしたうちの真ん中の5枚を円状に並べると、桜のできあがり☆

*ケーキはもちろん、ヨーグルトにトッピングしても可愛いく仕上がります

*桜を作る場合には、いちごの大きさを揃えて、厚さを均等にするとキレイに見えます。

チューリップ

①いちごのヘタを取り、平らになるようにちょっとだけカットする。

②いちごの真ん中くらいに包丁の刃先を使って、小さな三角の山を作るように切れ込みを入れる。

*三角山は外側から中心に向かって刃を入れていきます。

③ぐるっと一周分ギザギザの山にカットしたら、切れ込みから上下にゆっくりと切り離せば、大小2つのチューリップのできあがり☆


いちごはそのまま食べても美味しいですが、ちょっとひと手間加えるだけで、バラやハート、桜やチューリップなどが作れます。

ケーキはもちろん、いろいろなスイーツにちょこんと乗せるだけでパッと華やかになり、見ためも楽しみながら食べることができますね。

パン屑ナビ

生活雑多>生活お役立ち情報>【いちごの飾り切り】超簡単!3分でできるバラの作り方とポイント

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る