【ダイソー】これ…ムズすぎない?恐竜折紙を作ってみたら…

恐竜折紙

前回折ってみた恐竜折紙が思っていた以上に楽しかったので、もう1セットも挑戦してみることにしました。→前回はコチラ

いろいろな折り方が出てくるので、手慣らしに飛行機やロケット、折り鶴などを折っておくと、スムーズに折り進めていくことができますよ。

今回の実寸大サンプルは、大人気のティラノサウルス。

前回のものを合わせて、恐竜コレクションを完成させる予定です(笑)
頑張って挑戦してみたので、紹介していきます。

恐竜折紙ってどんなもの?

1つのセットで3種類の恐竜を作ることができます。

①ステゴザウルス・アパトサウルス・トリケラトプス
②ティラノサウルス・プテラノドン・イグアノドン

2回目になる今回挑戦したのは②の3種類の恐竜です。

恐竜折紙セット②

内容

・実寸大サンプル1種類
・折紙3柄×各2枚の合計6枚
・ギョロギョロ目玉6個
・3種類の恐竜の折り方説明書き

対象年齢は6歳なので、不器用な方にもオススメ☆

折り方は細かい絵と説明書きが丁寧に書かれているので、じっくり見れば折り進めていくことができます。

自分の好きな大きさや色でも作ることができるので、恐竜パークを作ってもいいですね。

目玉をつける時や体を重ね合わせる時には、のりやボンドが必要になります。

恐竜について

これから作る恐竜について、ちょっと勉強してみました。

ティラノサウルス

体長は約12Mで、体重は約4~7トン。
恐竜といえばティラノサウルスというぐらい大人気。

待ち伏せ型の肉食恐竜で、強力な顎でトリケラトプスなどの大型の草食恐竜の骨さえもバリバリと砕いて食べるほどのパワーを持っています。

頭がでっかくて、前足が短いのが特徴。

ティラノサウルスとは暴君のトカゲという意味があります。

プテラノドン

翼開長は約9Mで、体重は25㎏ほど。
大きな頭と後頭部の大きなトサカが特徴の翼竜です。

トサカと口ばしは長く鋭く尖っていて、魚を主食としていました。
プテラノドンとは歯のない翼という意味があります。

イグアノドン

全長は約10Mで、体重は約5トン。
草食恐竜で、頭部は馬の頭のように細長い形でした。

通常は4足歩行で、、走る時には2足歩行をしていたと考えられています。
口には数百本の歯が並んでいて、植物を食べるのに適していました。

恐竜をよく知らないわたしでも、ティラノサウルスだけは知っていました。
でっかい頭に、短い前足。

Sponsored Links

プテラノドンって9Mもあるのに体重は25㎏…
ガリガリに痩せてますね。やっぱり魚は太らないのかな。

実践レポート~恐竜を作ってみよう~

ティラノサウルス

パッと見た感じと折り方を見ただけでは、

なんだ、簡単そうだ!!
って思っていたのですが、実際には今までで一番難しかったです…。

まず1枚目で上半身を折っていきます。

今、振り返っても簡単そうに見えるのに、なぜか同じようにできあがらないんですよね…。
どこから間違っていたのか、未だに謎です。

2枚目で下半身を折っていきます。

途中でんっ?と思う部分があるものの、なんとかできあがるんです。
ただ、実寸大サンプルと同じようには折れないんです。。。

足が短くなってしまって、なんだか間抜けな感じで…。

なんと… 2時間近く粘ってもサンプルと同じようには作れなくて、無理やり折り曲げたりしてどうにか完成させました。

何十回も折り直したので、折紙がぐちゃぐちゃ…。
スゴく…悔しいですっ!!!!

プテラノドン

ティラノサウルスの難しさは何だったの?っていうぐらいあっという間にできました☆
一番簡単に作れる恐竜で、5分あれば誰でも作れるでしょう。

1枚目で体を折っていきます。
基本的な折り方さえマスターしていればOKです。

2枚目でつばさを折ります。
つばさだけ見るとしょぼいくらい簡単な作りです(笑)

体とつばさをボンドでくっつければできあがり。
目玉をつけるのも忘れずに☆

イグアノドン

見た目がティラノサウルスと似ているので、ちょっとゾッとしてしまいました…。
魔の2時間が蘇ってしまって(笑)

まず1枚目で足の部分を折っていきます。
難しい折り方は無いので、安心してくださいね。

2枚目で顔と尻尾の部分を折ります。
ここもあっさり折れてしまうので、な~んだってかんじです。

けど… 問題はここからだったんです!!
2枚の折紙を組み立てるのがとても難しくて…。

中割り折りっっていうのがクセモノなんですよね。
折ってる最中にズレてしまうので、しっかり押さえておくことがポイントです☆

ちょっとはみ出てしまった部分は、中に押し込んでボンドでくっつけました(笑)
目玉をつければ完成です☆

思っていたより簡単で20分もあればできあがります。


前回と合わせると6種類の恐竜を作ってみました。
そこで学んだことは、完璧を求めすぎてはいけないということです(笑)

パッと見でカッコよくできあがれば、内側でどれだけ無理やり押し込んでいてもいいんですよね。

まぁいっかという気持ちで楽しく作ってみてはどうでしょうか。

100円で3種類も恐竜が作れるなんて、ダイソーってやっぱりスゴいな~ってつくづく実感しました。

Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>100均>ダイソー>【ダイソー】これ…ムズすぎない?恐竜折紙を作ってみたら…

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る