「結婚の話はするけどプロポーズされない…」不安な女性ほど知っておくべきこと

結婚の話 プロポーズ恋人との悩み
この記事は約13分で読めます。

結婚願望が全くないというのは、ある意味で分かりやすく、対策というか対処法も考えやすいです。

結婚願望が強く、そこに向かっているという実感がある場合も、安心して待っていられます。

ただ、一番厄介なのが結婚の話はするけどプロポーズされないという状況。

中途半端というか、どこに舵を切って良いのかわからないというか。こんな状況だと本当に困りますよね。

待っていてもいいの?
具体的に話を詰めていった方が良い?
本当は結婚のこと考えていない?
もう付き合って1年経つんだけど…

いっそ、結婚する気ないと言われた方があきらめもつくし、楽かも…と思う人もいるでしょう。

ですが、あなたにもできることはあります。待っているだけだと、後々「実は…」と言われて困るかもしれませんよ。

ここでは、結婚の話はするけどプロポーズされないのはなぜか?プロポーズをしてもらうにはどんなことをしたら良いのか?などについてお話します。

結婚の話はするけどプロポーズされないのはどうして?

深く考えていない

結婚の話はするけどプロポーズされないというパターンで考えられるのは、深く考えていないというパターンです。

ハッキリ言ってしまえばいろいろ想像して遊んでいるだけです。

自分と彼女(あなた)の子どもだったらどんな子になるんだろうとか、どんな名前にしようかなとか、結婚したらどんな生活になるのかなとか。

「宝くじが当たったら~」みたいな話をしている感覚に似ています。

女性にとって結婚は重いというか、決して雑談感覚でする話ではないでしょう。ですが、男性はその感覚がないと思っていた方が良いです。

特に、若ければ若いほど本気で結婚を考えている人は少ないです。

もちろん、男だって現在お付き合いしている人との結婚を想像することはあります。

ですが、結婚の話をしておきながら、一向にプロポーズするような気配がないのなら、深く考えずに話題にしているかもしれません。

リアリティがないというか、ふざけながら話をしているのなら、このパターンかもしれません。

「そのうち」という意味で使っている

すぐに結婚する気がなくても結婚の話をすることはあります。

それがいつ頃なのかというのは本人も考えていなくて、「そのうち結婚できたらいいね」みたいな感覚です。

このパターンは上のパターンよりも、ちゃんと結婚を視野に入れていると考えられます。ただ、だからこそ厄介というか、判断が難しいと言えます。

近いうちという意味でもなければ、遠いような気もしない。だけど結婚に向かって動いているような気もしない。

そんな感じで話をされ続けるのですから、あなたとしてはたまったものではありません。

リアルに想像しているように感じるのに、どこかフワフワしているような感じなら、そのうちという意味で使っている可能性が高いです。

価値観を探っている

価値観

価値観が合う人と結婚したいと考えている男性は多いです。これは、女性も同じように考えている人は多いでしょう。

結婚の話題を出すことで、子どもを欲しいと思っているのか、子どもができたらどんな子育てにしたいと考えているのか、お金の使い方などを探ることができます。

贅沢はできなくても家族が幸せなら良いとか、子どもには不自由を感じさせたくないから相応の収入が欲しいとか。いつ頃に結婚したいのかとか、結婚に関する考え方が分かります。

自分と考え方が合うのか、あなたの価値観を探っているかもしれません。

水面下で動いている

結婚の話をするわりにはプロポーズをする気配がないという場合でも、あなたの知らないところで着々と準備を進めているかもしれません。

プロポーズというのは、多くの場合サプライズで行うものですから。

とはいえ、結婚の話を話題にするだけで、何もしていないというケースも珍しくありません。

実際に動いているかどうかを確認するのは難しいです。後々「特に何もしていなかった」と分かった時、耐えられる自信がないのなら思い切って「私と結婚する気ある?」と聞いてみるのもアリです。

結婚する決め手がない

結婚するというのは人生に大きく影響する出来事です。

結婚するための決め手がないのなら、なかなか踏み出せないのかもしれません。決め手となるのは人によって違います。

・結婚相手としてふさわしいか見極めている
・収入がもう少し欲しい
・良い指輪を見つけてない など

結婚の話をしている時、彼がよく話題にしていること、熱っぽく話をしていることなどを注意深く見てみてください。

そうすることで彼が何を望んでいるのか、何を不安に思っているのかが分かってくるでしょう。

プロポーズのやり方に頭を悩ませている

プロポーズのやり方に悩む

結婚の話はするけどプロポーズされないという場合、「そろそろプロポーズしたい…」と考えているものの、良いアイディアがないなんてパターンは多いです。

一世一代の大事な瞬間なのですから、「あーでもない、こーでもない」と頭を悩ませているかもしれません。

繋ぎ止めておきたい

結婚の話はするけどプロポーズされないパターンで厄介なのが、繋ぎ止めておきたくて話題にしているパターン。

女性は結婚の話をチラつかせたら離れにくいと知っていて、あえて話題にしています。

…というと、彼氏が悪者みたいな印象を与えてしまいますが、見方を変えればそれだけあなたを手放したくないとも言えます。

つまり、結婚するならあなたが良いと思っていると考えている可能性が高いです。

彼女としての立場で、どう思っているのか見極めるのは難しいのですが、繋ぎ止めるために結婚の話をしている場合は、少し背中を押したらプロポーズしてくれるかもしれません。


結婚の話はするけどプロポーズされないという状況は、見方を変えればチャンスと言えます。

結婚の話をするということは、ちゃんと意識しているということでもありますから。また、結婚の話題になった時、より深い話へと導くこともできます。

ここからは、プロポーズされるために、あなたができることを紹介します。

【レベル1】結婚したい女だと思わせる

結婚したい女になる

結婚を躊躇する男性の心理、結婚して後悔した男性の体験談を活用することは非常に効果的です。

不安さえ取り除いてあげれば、後は勝手に結婚に向かって動いてくれるでしょう。

お金のかかる女にならない

男性の多くは、結婚後の生活の責任は自分にあると思っています。

特に、金銭的な責任においては、あなたがどう思っているかに関わらず、自分(男)が取るものだと思っているものです。

ということは金銭的な不安を取り除いてあげるのは効果的です。あなたや彼氏の収入によって、出費の許容範囲が変わりますが、基本的にはブランド物を買うのは厳禁です。

もしかしたら、あなた自身は「結婚したら高い買い物はやめよう」と考えているかもしれません。

ですが、今現在ブランド物、ブランド物でないにしても買い物による出費が大きいのであれば、それが結婚後も続くと思うものです。

彼からプロポーズの言葉を引き出すためにも、お金のかからない女性をアピールするのは効果的です。

彼氏の好きなことに興味を持つ

男は趣味を大切にする生き物です。

仕事・恋愛・趣味の中で一番大事な物は?と言われ、趣味と答えた人は25.7%と答えています。ちなみに、仕事が56.2%、恋愛は18.1%です。※

それだけ大切にしていることなのですから、パートナーが趣味に理解しているかどうかは結婚相手としてやっていけるかどうかの基準になります。

とはいえ、趣味を同じにする必要はありません。興味をもつだけで良いです。

どんな些細なことでも良いので、まずは色々質問してみてください。あなたにとって少しでも興味が湧いた部分や、気になった部分から聞いてみましょう。

自分の好きなことにはこだわりや知識を持っていることがほとんどなので、ちょっと質問するだけでも、後はペラペラと色々なことを話してくれるでしょう。

彼女であるあなたに興味を持たれたという嬉しさから、ここぞとばかりに話を膨らませてくれるはずです。

自分の趣味に肯定的な反応を示してくれる彼女であるなら、奥さんにしても続けられるという安心感を得られます。

男子のホンネ! 1番大切なものはなに? 男性が思う人生の優先順位……「2位:趣味」「1位:○○」

趣味に興味を持つ際に注意して欲しいこと

彼氏の趣味の話を聞いていると、不安を感じてしまう部分が出てくるでしょう。

例えば「この釣り竿は30万円したんだ!」「こっちの釣り竿は23万円」というように、高額な買い物ばかりをしていた場合です。

うっかり「結婚したら高い買い物は控えてね」なんて言おうものなら、(この人(あなた)と結婚したら趣味が楽しめなくなるかも…)と思ってしまい、プロポーズから遠のいてしまう恐れも。

だからと言って何も言わないなら言わないので辛いと思いますが…。

その辺のバランスは難しいですが、彼氏の反応を見つつ、やんわりと伝えていくようにしましょう。

コツは、自分は買っても良い、あるいは買ってあげたいけど、結婚生活をするなら予算は減ってしまうかもね、みたいなニュアンスで伝えること。

自分は味方であること、肯定的であることを伝えることができたなら、彼氏が結婚に対する不安も軽減するでしょう。

彼氏のひとり時間を大切にする

男のひとり時間

ひとり時間を大切にしてくれる女性は貴重です。

男はひとりで過ごしている時にリフレッシュしたり、考えをまとめます。

なので、ひとり時間が大事だということを理解していると伝えるのは効果的です。

彼が趣味に没頭している時、仕事で行き詰っている時、疲れてぼんやりしている時などに、ひとりで過ごしてもらうようにそっと離れるのも良いでしょう。

ただ、近くに居なければいいという話ではなく、ひとり時間を過ごしている時は電話やLINEで連絡を取るのも控えた方が良いです。

あなたは彼と一緒に過ごしたい、自分が彼を癒したいと思うかもしれませんが、そこは結婚に向かうためだと思ってグッとこらえてください。

彼がひとり時間から帰ってくるのを待っているだけだと、精神的にも疲れてしまうので、あなたも友達と一緒に遊びに行くとか、ひとりで楽しめる趣味を探してみてください。

男は「変わりたくない生き物」であると心得る

男性は成長したいという気持ちはあるものの、自分を変えるのは苦手です。苦手どころか、変わりたくないと思うものです。

ですが、結婚するとなると今まで以上に責任を取らないといけないとか、彼氏としての立場からの変化、子どもができたら親としての立場の変化など、変わらないといけないことばかりです。

このことも、男性が結婚に対して及び腰になってしまう理由かもしれませんね。

変わってもらわないと大変なこととか、結婚生活を送る上で不便になることはあるでしょう。それでも、プロポーズされるためには色々言いすぎるのを控えるようにしましょう。

変わりたくない生き物であると認識しておくだけでも、あなたの発言や言い方が変わるはず。それを感じ取った彼氏があなたに安心感を覚えてプロポーズしてくれる可能性があります。

【レベル2】周りから固める

周りから固める

実家へ連れていく

実家に連れていかれたら、嫌でも家族付き合いを意識してしまうもの。それとなくプロポーズを急かすのに効果的な方法です。

もし、その時に結婚の話が出てきたら、後はそっと背中を押すだけでプロポーズをしてくれるでしょう。

ただ、彼女の実家というと緊張してしまうものなので、頻繁に実家に連れていこうとすると、ストレスになってしまうことがあります。

あまりにも頻繁すぎると「結婚後もこんなペースで実家に行くの?」と、不安を感じて逆効果になってしまうかもしれません。

2ヶ月に1回、多くても月1回までにしましょう。

彼氏の実家に連れて行ってもらうのもアリ

あなたが彼氏の実家に連れて行ってもらうというのもアリです。

家族に紹介したからには…という気持ちも働きますし。

とはいえ、結婚を匂わせる必要はありません。彼が何かの用事で実家に行く時、「私の行きたい」と言うだけでいいです。

家族に紹介してもらうことで、彼氏自身も親から「○○ちゃん(あなた)とはいつ結婚するの?」と急かされることがあります。

新婚さん、もしくは子どものいる友人宅へ連れていく

幸せそうに生活している姿を見たら、自分もそうなりたい!と思うものです。

新婚さんや小さな子どものいる家庭は幸せを感じている人が多いので、その姿を見せることで、結婚したいという気持ちが高まるのが期待できます。

できれば、お互いに知っているくらいの関係性が良いです。お互いに緊張してしまっては、普段の姿が分からず、あまり良い結果が得られないことがありますから。

「結婚資金を一緒に貯めよう」と持ち掛ける

「○○円まで貯金できたら結婚しよう」というように、明確にいつになったら結婚をするか決めてみてください。

彼氏は金銭的な責任のプレッシャーが軽減されることによって、プロポーズのことを考える余裕も出てくるでしょう。

あなたにとっても、結婚まであとどれくらいなのか、目に見えて分かる安心感もあります。

また、二人で結婚に向かって努力しているという感覚が、絆を深めるきっかけになることも期待できます。

【レベル3】圧力をかける

圧力をかける

何歳までに結婚をする予定なのかズバリ聞く

上でも伝えたように、結婚の話はするけどプロポーズされない場合、そのうちという意味で使っていることがあります。言い換えるのなら、今は結婚をする気がないという意味です。

行動に移している様子がないのなら、結婚の話をした時、思い切って何歳までに結婚するつもりなのかを聞いてみてください。

その質問をするだけでも、勘の良い男性なら結婚を急かされていると感じてくれるでしょうから。

「いつか」とか「今はまだする気がない」などのようにハッキリと答えない、もしくは「○○歳」と答えたとしてもあなたにとって遅いと感じたのなら、話し合いをしましょう。

女性の結婚に対する考え方を理解している男性は少ないので、早く結婚したいという意思をハッキリと伝える必要があります。

なぜ今結婚の決断をしないのか聞く

結婚の話をするということは、結婚に対して関心があるということです。

それなのに、一向にプロポーズに向かう気配がないのなら、どうして今ではないのかを聞くのも、圧力をかける上では有効です。

また、この質問は、どうやったら彼がプロポーズをしてくれるのか、具体的に知ることができるというメリットもあります。

例えば、「まだ若いから」「もう少し収入が上がってから」など、ぼんやりとした理由しか言わなかったとしても、「じゃあ何歳なら結婚するの?」とか「具体的に月何万円なら良いと思っているの?」と質問するのです。

具体的な考えを知ることができれば、彼が結婚に踏み切るためには何が必要なのか分かります。

期限を決める

人は誰でも、期限が決まっていないことに対しては腰が重くなりがちです。

あなたも心当たりがあると思います。テストや受験の前にしか勉強に集中できないとか、納期のギリギリになってようやく動き出すとか。

結婚の話はするけどプロポーズされない場合、彼氏は結婚に対して前向きに考えているとは思いますが、それでも結婚に対する責任は感じているはず。

だからこそ、余計に腰が重くなってしまうというものです。

期限を決めることによって、プロポーズへの背中を押すことができます。

もしあなたが、期限の日までの結婚が決まらないなら、もう別れたい・待てないと思っているのなら、それも伝えておきましょ。

より強い圧力をかけることができますから。

圧力はかけすぎないように

強い圧力を与える場合の注意点として、頻繁にかけすぎないことです。

「あと○日」とデカデカと書いて壁に貼っておいたり、「ちゃんと結婚のこと考えてる?」と何度も念押しするというように、頻繁に圧力をかけると心が折れてしまいます。

結婚に対する圧力も、あなたと別れるという圧力も半端じゃなく重いですから。

一度伝えたら、後は月に1回とかにちょっと意識させるくらいに抑えておきましょう。

【まとめ】ベストタイミングを待つ

タイミングがかち合えば、とんとん拍子に話が進むことがあります。

では、どんな時がベストタイミングなのかと言うと、調子が良い時です。男性は調子が良い時、女性は落ち込んでいる時に恋に落ちやすいと言います。

つまり、調子が良い時は恋愛ごとに前向きになりやすいということです。

このタイミングで結婚の話を切り出すことで、プロポーズされるの道も一気に切り開けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました