ナンバMG5の意味について|続編も簡単に紹介

意味マンガ
この記事は約2分で読めます。

ナンバMG5はヤンキーコメディ漫画で、2005年~2008年まで連載されていました。

2008年に連載が終わった漫画が、14年の時を経て2022年に実写ドラマ化されています。

原作漫画のストーリーはすごく良かったので、実写ドラマでも面白くて感動できるストーリーが、よりリアルに再現できたら良いですね。

そんなナンバMG5ですが、そのタイトルに対して「どういう意味?」という人が多いです。

ここでは、ナンバMG5の意味についてお話します。

ナンバMG5の意味は『マギジレ5秒前』

ナンバMG5は、マジギレ5秒前という意味があります。(ちなみに、読み方はナンバエムジーファイブ)

元ネタはMK5(マジでキレる5秒前)から来ています。

今の若い人は分からないと思いますが、過去に若い人の間でMK5という言葉が流行っていました。

なので、漫画が連載していた当時(2005~2008年)ならすぐにピンと来る人も多かったと思います。

続編はナンバデッドエンド

ナンバMG5には続編のナンバデットエンドがあります。ナンバドッドエンドは2011年8月に完結しました。

内容的にはナンバMG5の続きではあるのですが、シリアスな展開が多めになっています。そのため、タイトルを変更したそうです。

シリアスな展開が多めとはいえ、ギャグシーンもはさんでいますし、読んでいて気持ちが沈むような内容ではありません。

この先どうなるんだろうとか、主人公やその周りの人達を応援したくなるような内容なので、漫画やドラマで好きになったはぜひ読んでみてください。

まとめ

ナンバMG5の作者、小沢としおさんは人間の心理描写がすごく上手です。

一人一人のキャラクターの背景がしっかり描かれていて、読んでいて共感できるようなものばかりです。

私は『フジケン』や『Gメン』も読みましたが、どっちもすごく良い漫画でした。

特に、Gメンは感動できるシーンやカッコいいシーンも多くて最高でした。現在青春を送っている人にささると思いますよ。

 

▼こちらの記事もどうぞ▼

ナンバMG5の強さをランキング形式で紹介|最強キャラはやっぱりあの人!

ナンバデットエンドの強さランキング|上位8名を紹介

ナンバMG5とナンバデッドエンドの違い|変更した理由について

タイトルとURLをコピーしました