ナンバMG5の強さをランキング形式で紹介します

ナンバMG5 強さ ランキングマンガ
この記事は約3分で読めます。

ナンバMG5の登場人物の強さって、すごくわかりにくいですよね。

強さを数値化している訳でもなければ、途中で強くなるような描写もありませんし、ケンカの組み合わせもバラバラですから。

ということで、僕から見て誰がどれくらい強いのか、ランキング形式で紹介します。

あくまで僕から見た感じなので、「いやいや、こいつより○○の方が強いだろ!」と思ってしまうかもしれませんが、そこはご了承ください。

ナンバMG5の強さランキング|ベスト7

7位:芹沢 恭一

地方議員の親がいて、悪名が強くなったことで地元から追い出されてきた。

相手を倒した後は丸坊主にしたり、魔愚南無号を燃やすなど、かなり素行が悪い人物です。

武器を使っていたものの、主人公の難波剛を追い詰めたことから、ランキングの上位に入れました。

6位:加納 光一

横浜の暴走族の元メンバーで、理性を失うと留まるところを知らない人物。

元々いた暴走族のチームメンバーを病院送りにしたり、暴力事件で少年院に入った経験があります。

タイマンにて難波剛を気絶させたことがあるため、6位にしました。

5位:大丸 大助

難波剛の友達の一人。

心優しく、見た目もそこまで不良っぽくない人物です。

難波剛と共に何度か闘うものの、大物というか主要キャラを倒した描写がありません。ですが、闘ってい姿を見る限り、かなり強いと感じたので5位にしました。

4位:伍代 直樹

難波剛の友達の一人。

難波剛と頻繁に一緒にいる人物で、ケンカにもよく巻き込まれています。

Sponsored Links

伍代直樹も主要キャラを倒した描写がない(覚えていないだけかもしれません…)のですが、闘っているところを見るに、上位に入る強さだと思いました。

正直、大丸大助とどっちが強いか分からなかったのですが、僕の印象から伍代の方が強いと判断しました。

3位:陣内 一久

ヤンキー高校の市松で最強の男。

難破剛とタイマンを張って、敗れたものの15分もかかったというのと、難破剛がボロボロの状態にされていたことから、かなりの強さだと判断しました。

登場期間が短かったため、強さが分かりにくいという点はあるものの、かなり強いと思います。

2位:難破 剛

主人公ということもあり、多くの強敵と戦い、その強さを証明してきました。

ただ、強いと言っても、4位の伍代と5位の大丸とそんなに強さが変わらないような気もしますが、闘っているのを見て難波の方が強いと判断しました。

1位:難破 猛

伝説的な強さを誇っているということで、かなりの知名度があり、ヤンキーの中でも高いカリスマ性がある人物。

ケンカをしている回数自体は少ないものの、迫力や相手の反応、闘った時の強さなどを見た感じ、本作最強なんじゃないかと思いました。

まとめ

マンガMG5はヤンキー漫画に位置付けられていながら、ケンカをしている描写が少ないような気がします。

なので、ランキングにするのは結構難しかったです。

ここで並べているランキングは、あくまで僕の主観で決めたものなので、異論は受け付けます。




Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました