ワンピースが実写化!キャストやネット上の評判を紹介します

ワンピース 実写マンガ
この記事は約3分で読めます。

Netflixでワンピースの実写化(ドラマシリーズ)がされるということで話題になっています。

マンガ・アニメの実写化というと、失敗のイメージが強いと思います。

特に、ワンピースは全世界累計発行部数が4億6000万部を突破しているほど人気がある作品ですから、ちょっとした違和感があるだけでも、評価はガクンと下がってしまうでしょう。

ファンにとってはストーリーはもちろん、キャストもかなり大事な部分です。

ここでは、実写化されたワンピースについて、キャストやネット上の評判、キャストを見た僕の感想などについてお話します。

ワンピースの実写化のキャスト

モンキー・D・ルフィ:イニャキ・ゴドイ
ゾロ:新田真剣佑
ナミ:エミリー・ラッド
ウソップ:ジェイコブ・ロメロ・ギブソン
サンジ:タズ・スカイラー

画像はこちらから確認してください。

作者が厳選したキャスト

エグゼクティブ・プロデューサーを務める、作者の尾田栄一郎さんが、世界各国のスタッフと議論を重ねて決定したそうです。

顔、口の大きさ、手の大きさ、雰囲気、所作、声質、演技力、身長、仲間同士のバランスなどについて話し合ったそうなので、その点は安心できるのかな?とは思います。

上で紹介しているツイッターの下へ行くと、5人のメッセージが閲覧できます。

みんなかなり嬉しそうなのが見て分かります。というか、上部にある画像の雰囲気と、動画での雰囲気が違いすぎです。

Sponsored Links

ネット上の評判

・何でも実写化する流れをいい加減やめて欲しい
・アニメはアニメだから良い。実写化されることで汚される気がする
・外見的には某CMの方が良かった
・私は見ないと思います

ネット上の評判を見ると、やっぱりと言うかネガティブなものばかりですね。

やっぱり、アニメと実写では人からにじみ出る雰囲気が違いますし、現実ではできない動きや能力を実写にするというと、見る側にとっては厳しいのかもしれません。

僕の感想

僕はワンピースが大好きです。熱狂的とまではいきませんが、感動的なシーンを観たら1分で泣けるくらいは好きです。

そんな僕がこの情報を知って思ったのは、不安の2文字。

キャストが紹介されているのですが、ウソップとサンジの雰囲気が違う…。

その他のキャラクターに関しては、僕の思っている雰囲気とそんなに違いません。ですが、ウソップがいかつすぎる…、サンジがクールすぎ…って思いました。

と言っても、ツイッターでの動画を観るとどっちもお茶目な感じだったので少し安心しました。

正直、不安はありますが、別作品とか別世界のワンピースだと思って観てみようと思います。

まとめ

アメコミの実写化って成功している作品も多いのですが、日本のアニメは実写化してもなかなか上手くいきませんね。

アメコミって、原作が元々リアルに近いからなのかもしれませんね。日本のマンガは、現実とは全然違う感じで描かれることが多いですし。

マンガの中では馴染んでいる服装でも、実写で着るとコスプレ感が出たり、どうしても違和感がありますからね。

少し脱線してしまいましたが、個人的にはワンピースの実写化は楽しみではあります。




Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました