友達と上手く付き合いたいなら距離感が大事!楽に仲良くなるコツ6選

友達とうまく付き合いたい雑談
この記事は約6分で読めます。

友達と上手く付き合いたいと思っているなら、こんな悩みを抱えているのではないでしょうか。

  • 初対面はいつも緊張でいっぱいになる
  • 友達ができても気が合わない
  • 嫌でも断ることができない
  • 些細なひと言で傷ついてしまう
  • 人と仲良くなるまでに時間がかかってしまう

学校や会社には、誰とでもすぐに打ち解けられる人が一人や二人はいるものですが、彼らを見ていると本当に羨ましいですよね。

ここでは、友達と上手く付き合っていくためのコツを集めました。

これから新しい環境に身を置く人や、友達が欲しいという人はぜひ読んでみてください。

友達と上手く付き合うための心得6選

友達と上手く付き合いたいなら、あなたの思考や言動の癖を見直していくことが大切です。

形だけの友達ではなく、一緒にいて心から楽しいと思える友達をつくりましょう。

そのためのコツは6つあります。

①第一印象に頼らない

新しい出会いには、第一印象はものすごく重要であるとはよく言われていることです。

ちゃんとした人だと思ってもらえるように、いい印象を持ってもらえるように、初対面ではそれなりに気を使っているはずです。

しかし、第一印象はあまりアテにならないということもよく知っているのではないでしょうか。

第一印象は苦手なタイプだと感じたとしても、実際に話してみると一転して気が合う場合もあります。

友達と上手く付き合っていきたいなら、第一印象を引きずらないように気を付けてください。

決めつけるよりも、どんな人なのかと知ろうとするほうがずっと実りある関係を築いていけます。

②嫌な出来事の原因をすべて自分のせいにはしない

友達の心無いひと言に傷ついたとか、なんだか冷たくされたような気がする、ラインしても既読すらつかないなど、友達関係を築いていくなかで傷つくような出来事はちょこちょこ起こるものです。

そんなとき、繊細な人は、嫌な出来事が起こる度に自分のせいだと思い込んでしまうところがあります。

確かにあなたが原因で問題になることはありますが、すべてではありません。

相手に原因がある場合もあれば、運が悪かっただけという場合もあるのです。

気にしないというのは難しいかもしれません。しかし、問題の原因が分からないのなら「分からないことは考えても仕方ない」と諦めるのも大切です。

③むやみに謝らない

むやみに謝らない

自己肯定感が低めな人だと、自分が悪くない場面でもすぐに謝ってしまうところがあります。

なかには「ごめんね」が口癖になっている人もいるでしょう。

すぐに謝る人というのは、残念ながら友達と上手く付き合ってはいけません。

イライラされたり、馬鹿にされてしまったり、自信がない人だと思われたりするのです。

しかも、本当に謝罪しなくてはいけない場面で心から謝っても、「本当に悪いと思っているの?」と信じてもらえないという大きな欠点も抱えてしまうことになります。

謝り癖がある人は、「ごめんね」を言いそうになったとき、1回でも多く引っ込めることを意識してみてください。

④嫌われることもあると受け入れてたくさんのメリットを受け取る

100人の人が全員あなたを好きになってくれる可能性はほぼゼロです。万人に好かれる人なんていませんから。

そもそも、みんなに好かれようとしていると返って友達関係を築く上で支障をきたしてしまうリスクが高くなってしまいます。

「これを言ったら嫌われてしまうかも…」「断ったら仲間外れにされるかも…」と、常に自分を守るために言葉を使い、行動を起こすので、相手はあなたが何を考えているのか分かりません。

人見知りだと思われたり、他人に興味がないのかもと思われてしまうこともあります。

つまり、誰にも嫌われたくないという気持ちは、周囲にバリアを張っているのと同じなのです。

近づくなオーラを無意識に出しているとしたら、とてももったいないことだと思いませんか。

もっと話してみたいなという人を見つけたら、気軽に誘ってみてください。気軽に誘える人は、気軽に誘われるものです。

誘いを断られたとき、どうせその理由なんていくら考えても分からないのです。答えが出ない問いかけを続けるよりも、「また今度誘ってみよう!」と楽観的に捉えたほうがずっといい流れをつくることができます。

⑤第一印象を大切にする

第一印象を良くする

序盤で第一印象に頼るべきではないとお話しましたが、それは相手に対する第一印象です。

あなた自身は第一印象に気を使ってくださいね。

第一印象はアテにならないと言っても、大半の人はそれを重視するというのは変わらない事実ですから。

友達と上手く付き合っていくためには、次のことに配慮しましょう。

  • 笑顔を心がける
  • 口角を上げて話す
  • 相手に興味を持つ(質問する)
  • ハキハキと話す

もしも第一印象で失敗したなと思ったときは、その失敗は一日でも早く取り返しましょう。

すぐにでも会話をする機会をつくることで、第一印象を上書きしてもらえる可能性が高くなります。

人は最後に得た情報が強く印象に残るので、その心理を利用するのです。「親近効果」と呼ばれるちょっとしたテクニックです。

⑥自分から心を開く

友達付き合いをしていくなかで、時に裏切られたり、傷つけられたりすることがあります。

一度でもそういう経験をすると、自分から心を開くことを恐れてしまうものです。

しかし、心を開かずに友達と上手く付き合うことは難しいです。上辺だけの友達ならつくれるでしょうが、もっと仲良くなりたいと思ったときにブレーキがかかってしまうのはもったいないです。

人と信頼関係を築いていくには、あなたのプライベートを打ち明けるのが一番の近道です。

とは言え、現在進行形の深い悩みやコンプレックスをいきなり打ち明ける必要はありません。

過去にすごく悩んでいたことでもOKです。過去の出来事は、あなたという人間の輪郭を見せることに繋がるので親密度が上がるでしょう。

また、相談事をするのもとてもおすすめです。

これらはすべて「あなたを信頼しているから話しているのよ」というメッセージになります。

すると相手も、あなたに話し合いプライベートが自然と出てくるものです。

こうしたやり取りは、友達と上手く付き合っていくためにとても大切です。

まとめ

友達と上手く付き合っていくためのコツを6つ紹介しました。

最初はギクシャクしてしまい、不自然な振る舞いになるかもしれませんが、それは誰でも同じです。

友達をつくるときには、自分ではなく、相手に焦点を当てて接してみてください。

自分に焦点を当ててしまうとネガティブなことしか考えられません。

相手に焦点を当てると「どんなことが好きなのかな?」「出身はどこなのかな?」など相手への興味が湧いてきて、楽しく接することができますよ。

 

▼こちらの記事もどうぞ▼

人付き合いが疲れるのはなぜ?楽しかったと思える関わり方とは

タイトルとURLをコピーしました