ケンタッキーのバイトがきついって本当?4年間働いた経験者の体験談あり

ケンタッキーのアルバイト

ケンタッキーフライドチキンのアルバイトは、きついという噂を聞いたことがあります。

私は、ケンタッキーで4年間働いた経験があります。2年で他の店舗に異動になりましたので、各店舗2年ずつ働いてきました。

ここでは、他の人の口コミや私の体験談などをお話します。きついことだけではなく、楽しいところについてもお話します。

私は厨房(キッチン)で働いていたので、主に厨房の話になってしまいますが、知っている範囲でレジやパッキング(商品を詰める仕事)についてお話します。

ここに登録してケンタッキーのバイトが決まったら祝い金がもらえます



ケンタッキーのバイトのきついところ

掃除が大変

ケンタッキーのメニューを見てみると分かると思いますが、ほとんどが揚げ物です。ということは、油汚れの掃除が大変ということ。

私が働いているところでも、クッカー(チキンを揚げる機械)の下の部分にある排水溝が、油で白くなっていました。温度が下がると白く固まる油です。

毎日そこを掃除するわけではないのですが、掃除をする時は、お湯で油を溶かしていくので結構面倒でした。

あと、油汚れがひどいところは、ニオイもあるのが嫌でした。きついと言うほどではありませんが、個人的には、若干ウ〇コみたいなニオイに感じました。

毎日の掃除は閉店3時間前くらいから、2~3人で少しずつ進めていきますので、そんなに大変ではありません。

床が油で滑りやすくなっている

ケンタッキーのフロア以外の床は、基本的に油で滑りやすくなっています。と言っても、毎日掃除をしていますし、コックシューズという靴を履いていますので、転ぶことはありませんでした。

実際、滑って転んだ人は4年間働いて、一度も見たことはありません。

慣れてしまえばどうってことはありませんが、少し滑りやすくなっているというだけでも、最初は歩く時に少しプレッシャーを感じていました。

力仕事がある

男性(厨房・キッチン)が働く場合、力仕事があります。生のチキンが10kg入った箱を持ち運んだり、チキンが揚がった時に36ピース分を持ち上げないといけません。

36ピース分は、具体的な重さが分かりませんが、大体5~6kgくらいだと思います。

それを1日に何回も持ち運びしないといけないため、普段運動をしていない人にとってはしんどく感じてしまうかもしれません。

私は当時運動をしていましたので、そんなにきついとは思いませんでしたが、慣れるまでは結構疲れました。

蒸し暑い

厨房は常時喚起されていて、大きなホース(正式名称は分かりません)から風が出てくるのですが、それでも結構蒸し暑いです。

というのも、ケンタッキーのオリジナルチキンは最高185℃で15分かけて作っていくからです。

しっかり喚起されていますので、汗だくになることはありませんが、年中半袖で仕事をしても、寒さを感じないくらいは暑いです。

冬にも厨房内は暖かく感じられるほどで、仕事が終わって外に出たら、涼しく感じられました。

私は暑いのが得意な方ので、そんなに辛くはありませんでしたが、汗っかきの人にとっては大変かもしれません。

ヤケドする

厨房はもちろん、フライヤー(クリスピーなどを作る機械)を担当する場合は、ヤケドをする可能性があります。可能性というか、私が働いていたところでは、みんなヤケドを経験しています。

揚げたてのチキンに触ってしまったり、熱い状態のバスケット(チキンを揚げるカゴ状のアイテム)を触ってしまったり…。

また、クッカー(チキンを揚げる圧力鍋)は、使うごとに掃除をする必要があります。

スパチュラ(ヘラ)で周りについている汚れを落とし、ダスター(ふきん)でキレイにするのですが、この時、ヒジとかがクッカーに触れると熱いです。

それ以外にも、使っていることに気が付かないで、熱いままのクッカーに触ってしまうことも…。

私が働いていたところでは、ヤケドに慣れたからか、熱い状態のクッカーに触れても全く動じない人もいました。

細かい注文をされることがある

これは、レジの人の話ですが、細かく注文されるのが面倒だったという話もありました。

ケンタッキーのオリジナルチキンは5種類あります。ケンタッキーによく通っているお客さんの中には、部位を指定してくる人もいて、その対応が面倒だったそうです。

というのも、ただそれに応えてしまうのはダメだからです。

チキンの種類が偏ってしまうと、次のお客さんに提供するものも偏ってしまうことになりますから、断らないといけません。

ある程度は融通を利かせることもできるのですが、基本的には断るように言われています。

そのせいで、お客さんに嫌な顔をされたり、時には文句を言われたり…。お客さんと上の人との板挟みにあうのは辛そうでした。

嫌なお客さんの対応も…

接客の仕事ですから、嫌なお客さんの対応もしないといけません。

私が聞いた話だと、チキンを人差し指で触りながら「これ交換してくれない?」と言ってきた人がいたそうです。交換した後に、そのチキンは捨てたそうですが、もったいないですね。

客に怒られて泣いている人もいました。

覚えることが多い

これに関しては、どの仕事でも言えるかもしれませんが、覚えることが多いと感じました。チキンを作るという工程も、味付けをして揚げれば良いという訳ではありません。

・チキンのさばき(仕分け)方
・MED(チキンを浸す白い液体)の作り方
・フラワー(小麦粉やスパイスを混ぜた粉)の作り方
・チキンの味付けの仕方
・クッカー(チキンを作る機械)の扱い方
・チキンの並べ方 など

オリジナルチキン関連だけでもこれだけ覚えないといけないことがあります。

それに加えて、掃除の仕方やチキンの個数をデータとして送る機械の使い方なども覚える必要があります。

と言っても、一気にこれだけを覚える必要はありません。一つずつ先輩が教えてくれます。

私のところでは、周りが高校生ばかりだったからか、フレンドリーな人達に囲まれ、忘れたとしてももう一度聞いたら優しく教えてくれました。

異動で2店舗目に行った時も、周りの人が新人に優しく教えていましたので、覚えることはたくさんありますが、プレッシャーはそんなにないです。

Sponsored Links

作る量を判断しないといけない

ケンタッキーでは、注文される前にあらかじめ商品を作っておく必要があります。

オリジナルチキンは、作り始めてからお客さんに提供できるまで、25~30分くらいかかります。ですから、なくなる前に作っておかなければならないのです。

そのためにも、いつどれくらいチキンを作っておくべきかを考え続けないといけません。

時間帯によって目安みたいなものがありますので、それさえ覚えていたら大丈夫です。ただ、飲食店ですから、どれくらい売れるのかは完全に未知数です。

いきなり数十ピースも売れてしまうこともあれば、いつもは1時間で90ピースくらい売れる時間帯なのに、30ピースしか売れなかったり…。

どんなに長く働いていても、そればかりは運によるものが大きいです。

オリジナルチキンだけでなく、クリスピーはビスケットも同じように、時間帯によって作っておく量を調整しておく必要があります。

大きく外してしまうと気まずい

目安通りの量を作っているなら、注意されることはありませんが、残り過ぎてしまったり、チキンの量が足りない場合は少し気まずいです。

クッカーの使い方を間違えるとかなり怒られる

クッカーというのは、オリジナルチキンを揚げる圧力鍋(機械)のことです。

その機械の操作自体は難しくありませんが、スイッチを入れて油の温度を上げたり、チキンの量によってボタンが違っていたり、慣れている人でも小さいミスをしてしまうことがあります。

私も、長く働いてきたのですが、間違えてしまったことが何度かあります。

よくあるミスは、クッカーに油が入っていない状態で温度を上げてしまうこと、チキンの量と押すボタンのミスです。

特に気を付けないといけないのが、クッカーに油が入っていない状態で温度を上げてしまうことです。空焚きになってしまい、最悪クッカーが壊れてしまうそうです。

私はもちろん、他の人も何度か空焚きをやってしまっていました。壊れてしまうことはありませんでしたが、焦げニオイが店内に広がってしまいました。

また、押すボタンを間違えると、生焼け状態になってしまったり、逆に火が通り過ぎることがあります。

すると、36ピースが全て台無しになってしまうことも…。36ピース全部捨てるのがもったいないのはもちろん、お客さんに提供されるのが遅れてしまうことも…。

油のにおいが染みつく

ケンタッキーの商品の多くは揚げ物です。そのせいで、仕事が終わった後は油のにおいが、体に染みついてしまいます。

私は、厨房にいる時間が長かったためか、レジやフライヤーを担当している女性が、油のにおいが染みついているとは思いませんでした。

また、同じように厨房で働いている人に対しても、油のにおいがした訳でもありません。

ですが、自分自身が油のようなにおいを感じたり、時々家族に「ケンタッキーのにおいがする」と言われることがありました。

クリスマスが大変

ケンタッキーのクリスマスは本当に大変です。クリスマスと言っても、23~26日の3日間です。

その期間は、文字通り朝から晩まで働き詰めでした。私は朝の6時~夜の12時まで出勤でした。

休憩は3回(各1時間)あるのですが、朝から晩まで動き続けるというのは、肉体的には結構きつかったです。

クリスマスは楽しい

肉体的にはしんどい部分もありましたが、それ以上に充実感もあります。

全員が出勤で、みんなで一丸となってチキンを作り続けるのは結構楽しいです。普段は一人でやる作業を、二人で協力したり、最速を目指してチキンを作ったり。

仕事が終わった後も、全員がやり切ったような充実した表情をしていました。

今でも忘れられないくらい良い思い出です。3日間は大変ですが、その分すごく充実感がありました。以下の記事で詳しく書いています。

【元バイトが明かす】ケンタッキーのクリスマスは大混乱!?

ケンタッキーのバイトで良かったこと

任されるようになることが嬉しい

仕事ならどこでもそうかもしれませんが、任せられるようになったらやっぱり嬉しいです。

ケンタッキーの場合、チキンをどれくらい作るのかは、ある程度経験した人が行うことになります。

私もチキンをどれくらい作るのか任されるようになってからは、自分で考えてお店を回している感じが楽しかったです。

チキンを余らせることなく、良い感じの量を作れた時は最高です。

急に流れが変わるのも面白い

急にお客さんが増えたり、たくさん注文してくれるお客さんが現れたり、ケンタッキーは流れがいきなり変わります。

暇だなぁ、と思っていると、急に忙しくなったり、焦ってチキンを作っていたのに、急に落ち着いたり。

個人的にはそれが楽しかったです。

予定が分かっている方が良いという人はイヤかもしれませんが、イレギュラーを楽しめる人はケンタッキーでも楽しく働けると思います。

親切な人が多くて働きやすい

ケンタッキーでアルバイトをした人の口コミを見てみると、職場の人間関係は良くて、働きやすいという意見が多くありました。

私自身もそう思います。一緒に作業することが多い仕事だからか、自然とコミュニケーションを取る機会が増えて、自然と仲良くなっていくんですよね。

内気な人もいましたが、周りの人が適度に話しかけたりして、気が付けば輪の中に入っていました。

まとめ

ケンタッキーのアルバイトは、きついと思うこともありましたが、基本的にはそんなにしんどい仕事ではありませんでした。

周りの仲間も良い人たちばかりでしたし、やりがいもありましたから。

私は、初めてのアルバイトがケンタッキーだったのですが、最初に働いたところがケンタッキーで良かったと思います。

ここに登録してケンタッキーのバイトが決まったら祝い金がもらえます



▼関連記事▼

ケンタッキーのバイトに関する質問に4年間働いた私が答えます




Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました