【ケンタッキー】バイトの面接で聞かれること&答え方|元バイトが教えます

ケンタッキーのアルバイト
この記事は約8分で読めます。

私はケンタッキーフライドチキンで、4年間のバイト経験があります。

そんな私が、面接のときはどんなことを聞かれたのか、どのように受け答えをしたのかなどについてお話します。

また、どんな仕事なのか選べるのか、仕事は楽しいのか、ケンタッキーのシフトはどうなっているのかなど、あらゆる質問にもお答えします。

面接ではどんなことを聞かれる?

ケンタッキーに限らず、面接を受ける前に気になるのは、どんなことを聞かれるのか?それに対してどう答えた方が良いのか?ですよね。

これに関しては、面接を担当する人によっても異なりますので、よくある質問を紹介します。

・クリスマスはシフトに入れますか?
・土日はシフトに入れますか?
・どうしてケンタッキーで働きたいと思いましたか?
・どうしてここ(この店舗)を選びましたか?
・他の飲食店で働いたことありますか?
・カウンターとキッチンはどっちが良いですか?
・働ける時間帯は何時から何時までですか? など
答え方…とは言っていますが、基本的に素直に答えるだけで良いです。むしろ、嘘というか採用されるために取り繕ったような答えを用意してしまうと、後々トラブルになる可能性があります。
ということで、面接で答える時のポイントをお伝えします。

ケンタッキーに採用されやすい人

採用

採用の基準というのは面接を担当している人や店舗の方針・傾向によっても違うのですが、私が調べた情報や正社員の人から聞いた話を元に、どんな人が採用されやすいのかを紹介します。

クリスマスに出勤できる人

私の時はクリスマスのことを聞かれませんでしたが、口コミを見ると結構な確率で聞かれているみたいですね。

というのも、ケンタッキーが一番忙しくなるのはクリスマス(12月23~35日)だからです。

ケンタッキーのクリスマスは全員フル稼働になるくらい忙しいので、出勤できないと答えるとそれだけで落とされるという声もあるくらいです。

仕事ができる人は、寝る時間以外は3日間働きっぱなしですよ。私は23~25日を朝6時~夜12時までというのを経験しています。

私以外もこんな感じのシフトが組まれているので、クリスマスに出勤できるのはほぼ必須と言えるでしょう。

もちろん、採用されたいからといって嘘は絶対につかないでくださいね。お店に迷惑がかかりますから。

土日祝日に出勤できる人

次に大切なのが土日・祝日の出勤です。というのも、ケンタッキーフライドチキンは土日や祝日が忙しくなるからです。

むしろ、休日に比べると平日は暇なことが多いくらいなので、平日に入れる人よりも、休日には入れる人の方が需要が高くなります。

もし、「土日や祝日はちょっと…」というのでしたら、ケンタッキーはやめておいた方が良いです。

平日の朝から出勤可能なら重宝されるかも

私が働いていたところでは、平日でも朝から出勤ができる人は重宝されていました。

それに関しては店舗によっても異なるところですが。

とくに、キッチン・厨房は少なかったので採用率が上がるかもしれません。

特に問題がなければ採用される…はず

これに関してては、店舗や採用担当者の考え方などによっても変わりますが、私が働いてきたケンタッキーでは特に問題がなければ採用しているように感じました。

学歴はもちろん、過去にどこで働いていたとかもあまり重要視していませんでした。

中には、中卒の人や数回補導されたことがあるという人もいました。

ですから、基本的には必要な時間帯に働ける人なのか、ちゃんと働いてくれそうな人なのかで判断しているようです。

ケンタッキーを選んだ理由は?といった志望動機とかも聞かれますが、あまりかしこまった、と言いますか、ちゃんとしたものを用意しなくても良いと思います。※個人の主観です

ちなみに、採用されなかったとしても「自分に問題があるかも」と落ち込まないように。僕が働いていたところでは、すでに人手が足りている時とかにはお断りすることがあると言っていました。

どんな服装で面接に行ったらいい?

服装に関しても、そこまで気負わないでラフな格好で問題ありません。私の場合は、TシャツにGパンという格好で行きました。

スーツとか、かしこまった格好をしていくと、逆に目立ってしまうかも…。悪いということはありませんが。

学生なら制服でも問題ありません。

ただし、ラフな格好と言ってもオシャレすぎたりルーズすぎるのもおすすめしません。その辺は見る人の感覚としか言えませんが、サンダルとかブカブカのズボン、露出の多めの服装とかは避けましょう。

一般的に無難な格好と言われる服装を心掛けてください。

面接では仕事を希望できる?

ケンタッキーは、大きく分けるとレジとキッチンの2つです。面接の時に聞かれたという声も多いですが、基本的には選べません。

男性はキッチン、女性はレジ・フライヤーとなっています。

女性の場合、商品をパックする(注文された通りに入れる)+ビスケットやクリスピーを作る仕事、接客(レジ)の仕事に別れています。

私は接客をやりたくなかったので、面接の時に苦手だと伝えたら「男は基本的にキッチンなので大丈夫ですよ」と言われました。

ケンタッキーのシフト(労働時間)はどうなっている?

ケンタッキーのシフトは、私のところでは基本的にこうなっていました。

・8~17時
・17~22時
・18~23.5時

都合に合わせて、時間の変動はありましたが、大体はこんな感じです。

8時はオープンを担当するからオープンと言っていて、23.5時までの場合はクローズを担当するので、クローズと言っていました。

労働時間に関しては、お店がオープンする時間と閉店する時間によっても変わります。

都合によって労働時間を変えてもらうことも可能です。例えば、20~23.5時までとか、19~22時とか。

出勤時間や休みたい時とかは基本的に融通が利く職場なので、働ける時間が頻繁に変わるという人にも向いています。

ケンタッキーのバイトって楽しい?

仕事自体は難しいこともないので、慣れてしまえば同じことの繰り返しになってしまいます。なので、楽しめるかどうかは相性によります。

こうして言ってしまうとどの仕事もそうですよね。

私はチキンをどれだけ美味しく作れるかを色々試行錯誤したり、効率よく清掃をするにはどうしたら良いのか?などを考えて仕事をしていたら結構楽しかったです。

私が働いていた店舗では、平日の9~17時までの暇な時間帯は一人で仕事を任されていましたので、人付き合いがないという意味では楽でした。

デメリットはやることがあまりない時は、暇すぎて時間が長く感じてしまうこと。忙しい時の方があっという間に過ぎるので楽しかったです。

一緒に働いている人による

個人的にはケンタッキーのバイトが楽しいかどうかは、仕事内容よりも一緒に働いている人によると思います。

平日の朝から夕方までのキッチン(厨房)以外の時間外は、2~3人体制なので一緒に働いている人次第という感じですね。2人しかいないのに、相手がイライラしていて仕事に集中できなかったり…。

逆に、気が合う人とは冗談を言い合ったり、趣味の話をしたり、おしゃべりをしながら働けるので、あっという間に時間が過ぎていました。

それから、一緒に働いている人の年代でも、合う合わないがあると思います。

店舗によっても違うと思いますが、私が働いていた店舗では、平日の8~17時は30~40歳くらいの主婦が多く(多いと言っても5人くらい)で、それ以降の時間帯は高校生が多めでした。

私を含めて、大学生は2人、大人は1人でした(社員を除く)。

比較的若い年齢の人が多いので、高校生~大学生くらいの年齢なら楽しめると思います。

人付き合いが得意な人におすすめ

人付き合い

ケンタッキーの仕事はコミュニケーション能力も大事だと思います。

作業をしている時ならまだしも、やることがなくなった時とかは会話ができないと正直しんどいです。作業をしている時も、仲が良い人とだと話が弾むのですごく楽しいです。

それから、「1トレー(約36ピース)作って!」とか「チキン〇トレー分さばいて(チキンの仕分けみたいな仕事)」とか、頻繁にやり取りをする必要があります。

コミュニケーション能力が高い必要はありませんが、暇になった時におしゃべりができる関係を作れる人は働きやすいと思います。

と言っても、おとなしい人もいて、基本的に和気あいあいとした雰囲気でみんな働いていました。明るい人が引っ張ってくれるというか。

私は2店舗で働いていたのですが、どちらの店舗もフレンドリーな人が何人かいたので、その人と仲良くなって…という感じで、色々な人と話ができるようになりました。

仲良くなれるかどうかは上の人次第かも…

私が最初に働いていた店舗では、色々なイベントを開催してくれる社員の人がいました。

あの頃の私は人と関わるのが好きだったので、積極的にイベントに参加することで、周りの人との関係を築き、結果として仕事を楽しめるようになりました。

正直、人生の中で一番楽しく働けたのがケンタッキーです。

仕事が終わってからとか、仕事が休みの日に一緒に遊びに行ったり、プライベートでも付き合いがあったほどです。

2店舗目ではそんなイベントも少なかったせいか、プライベートでの付き合いはほとんどありませんでした。仕事中は楽しくおしゃべりしていたんですが…。

ですから、ケンタッキーの仕事を楽しめるかどうかは、上の人がどれだけイベントを計画してくれるか、そしてそのイベントにどれだけ参加するのかにもよると思います。私の経験によると。

まとめ

私の場合、人生で初めてのアルバイトだったので、仕事の面接はこれが初めてでした。

なので、結構緊張していたのですが、今思えば「アルバイトなんだし」くらいの軽い気持ちで臨んだ方が自分らしさを出せたのではないかと思います。

面接という響きって、それだけでなんだか緊張してしまうと思いますが、肩の力を抜いてケンタッキーの面接を受けてみてください。

▼こちらの記事もどうぞ▼

【元バイトが明かす】ケンタッキーのクリスマスは大混乱!?

ケンタッキーのバイトに関する質問に4年間働いた私が答えます

タイトルとURLをコピーしました