妻とうまくいかない…ストレスのない幸せな生活を送るために

夫婦関係
この記事は約7分で読めます。

仕事が終わったら、1秒でも早く家に帰って妻の顔が見たい!と思っていたあの頃。

妻とうまくいかなくなると、1秒でも早く家から出たい!と感じるようになるでしょう。

妻との関係修復は、あなたの人生の質に大きく影響すると言っても過言ではないほど、非常に重要な問題です。

とはいえ、ただ手をこまねていても改善にはなりませんし、かといって何かを変えようと奮起しても、余計に悪化してしまう可能性があるというのも、夫婦関係の難しいところ。

ここでは、妻とうまくいかないと悩んでいる人に向けて、どうやったらうまくいくようになるのかについてお話します。

うまくいかない理由

状況が変わったから

結婚すると、色々な物が変化します。守るもの(妻や子ども)ができる・家庭を維持する責任が生じる・生活習慣が変わる・家庭環境が変わるなど。

とくに、子どもがいる場合は、子どもの変化に伴って、生活習慣から必要な費用、子どもとのかかわり方など、大きな変化の連続です。

その一方で、男性は変わるのが苦手という特性があります。自分を変えるのは負けとか、自分を変えるのが大変だから、その苦労から逃げようとしてしまうものです。

たとえ自分が変わりたいと強く望んでいたとしても、根っこの部分では、変わりたくない自分が足を引っ張ります。

状況の変化に伴い、本来なら自分自身も変化していかないといけないのに、変える部分を最小限に抑えようとしてしまっているかもしれません。

ですが、その状況の変化に置いて行かれると、あなたが家庭での温度差を感じるようになるのです。

妻があなたに不満を感じているから

妻が会話を避けるようになったのなら、あなたに不満を感じている可能性大です。

以下のことに当てはまるなら要注意です。

・時間があれば趣味に没頭している
・家事や育児は妻に任せっぱなし
・家を散らかす
・妻が体調を崩しても心配or看病しない
・仕事をしている(お金を稼いでいる)から良いだろうと思っている

このどれかに当てはまるのなら、妻は一人で多くの負担を担っていると言えます。

あなたはあなたで、仕事で心身ともに疲れながら、お金を稼いで家庭を支えているのは事実です。

ですが、お金にならない、評価されない中で休みなく毎日家事・育児をし続けている妻のことをどれだけ分かっていますか?

女性にとって、理解されないことはすごく悲しいことです。男性で言うなら、毎日働いていることを当然だと思われているのと同じくらいでしょうか。

会話をすると、あなたに嫌味を言ってしまいそう、でも言いたくないから会話を避けているのかもしれません。

妻の価値観を理解していないから

あなたは妻の価値観を理解していますか?

価値観というと少し大げさなのですが、何をしたら嬉しいと思うのか、何をしたら不快になるのかなどを理解しているのは、非常に大切です。

価値観を知らずに生活していると、知らない内に妻を傷つけていたり、不快にしてしまうことがあります。

話し合いになっても、妻を大きく傷つけてしまうことに繋がるので、結果として妻から距離を置かれるようになっている可能性もあります。

価値観は変化するもの

価値観は変化するものです。とくに、結婚後や出産後の女性が大きく変化することは珍しいことではありません。

あなたの中の妻が、昔のまま更新されていないのなら、以前とは価値観がガラッと変わっているかもしれません。

うまくいくためにできること

自分の心と向き合う

最初にやるべきことは、自分自身の心と向き合うことです。

うまくいかないといっても、何がどううまくいかないのか、うまくいくとはどういうことなのかなど、考えることはたくさんあります。

自分がどう思っているのか、どう感じているのか、自分自身が分かっていないと、相手はもっとわからないです。

話し合いをする際には、自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞きますので、自分自身がどうしたいのか、どうなりたいのか分かっていないと、問題解決は難しくなります。

自分の心というのは案外分からないもので、家事の仕方に不満があると思っていたら、自分が仕事を頑張っているのを認めて欲しかっただけということもあります。

自分の本当の気持ちは何なのかを改めて考えてみてください。

自分の本心の探し方

本心を探す時のポイントは、自分に問いかけること、そしてその答えを受け入れることです。

まず、自分にあらゆる質問を投げかけてみてください。

例えば、妻とどうなりたいのか?という質問について考えていきます。

・昔のように仲良くなりたい
・普通に会話できるようになりたい
・自分が普段頑張っていることを認めてもらいたい
・一緒に○○をしたい など

次に、その答えは本当に自分の本心なのかについて考えてみます。

人は、自分の考え方や価値観のように感じていても、無意識に人の影響を受けていたり、そうしなければならないと考えていることが多々あります。

もしかしたら、本心では妻と別れたいと思っているかもしれません。すると、無意識のうちに妻とうまくいかないこと・妻の嫌なところばかりに意識を向けてしまい、別れる方へと向かっていることがあります。

「自分がそんなこと思っていたなんて…」と、ショックを受ける答えが出てくることもあるのですが、それを認め、受け入れていくことで、前に進めます。

同じ質問を何度もしてみたり、本当にそう思っているのかを、改めて自分に確認することによって、少しずつそう思う自分を受け入れられるようになります。

自分の本心が分かったら、次は妻と話をする準備をします。

妻の話を聞く

妻はどう思っているのか、どう感じているのかについて、妻の本心に耳を傾けてください。

妻が自分の本心を伝えることができ、あなたがそれを受け入れ、改善に向けて行動を始めることができたら、上手くいくための大きな一歩を踏み出すことができます。

妻の話を聞く時に、絶対にやってはいけないことが3つあります。それは、怒る・否定する・言葉を遮るです。

最後まで話を聞くのがポイントです。妻は、話し合う準備をしてきていないので、自分の気持ちを上手に話せないかもしれません。

なので、たどたどしくても、矛盾があったとしても最後まで聞くように心掛けてください。

その中で、もし矛盾しているところやあなたに対する思い違いをしていたとしても、話し終わるまでの間は、聞くことだけに集中してください。

とはいえ、あなたに対する指摘というかグチと言うか文句を、冷静に聞くのは簡単ではありません。冷静に聞くためのコツは、「妻はそう感じていたんだな」と思うこと。

あくまで妻が思っていたこと、感じていたことだと考えることで、客観的に話を聞きやすくなります。

納得いくまで話し合う

妻の話を聞いたら、次はお互いの話を納得のいくまで話し合いましょう。話し合いは時間だけでなく、身体的・精神的にも消耗が激しいので、休みの前日が良いかもしれません。

話し合いを成功させるコツは3つあります。

・穏やかな口調で話をする
・指摘をするよりも自分の気持ちを伝える
・問題を広げない(過去のことを持ち出さない)

男性は、自分の気持ちを伝えるのが苦手です。そもそも、自分の気持ちに気が付いていないことさえあります。

ですが、話し合いをする前に自分の心と向き合っておくことで、気持ちを伝えることもできるようになっているはずです。

「あの時は○○で悲しかった」「最近会話が減って寂しい」など、怒り以外の感情を積極的に伝えてみてください。

女性は共感する生き物ですから、きっと理解してくれるでしょう。

お互い、納得いくまで話し合うことで、心の内に秘めていたわだかまりを伝えることができます。たとえその日では解決できなかったとしても、信頼関係を再構築するためのきっかけになります。

感謝の気持ちを伝える

人の心理には返報性の原理というものがあります。

簡単に説明すると、人は何かをしてもらったらお返しをしたいと思う心理のことです。

それを利用して…というとちょっと違うのですが、妻に対して感謝していることを伝えることで、妻からもあなたに対して感謝してもらいましょう。

家事をして支えてくれていること、育児を頑張っていること、何かしら感謝することはあります。

もし、最近はうまくいかないから思い当たることがないという場合でも、過去に支えてもらったことや、やってもらったことを「あの時○○してくれたこと、すごく嬉しかったよ」と伝えるのも良いでしょう。

小さなことでも、感謝していることを伝えてみてください。

まとめ

妻とうまくいかない時は、何かを変えるタイミングなのかもしれません。

妻との付き合い方、仕事の仕方、趣味との付き合い方、子どもとの付き合い方、などなど。

そのために避けては通れないのは、妻との話し合いです。話を持ち掛けるのは勇気のいることですし、話し合い自体も楽しいものではありません。

ですが、それを乗り越えた先に、家族の幸せが待っているのなら、あなたが頑張る意味もあります。

タイトルとURLをコピーしました