たまねぎの保存期間|目安と長持ちさせるための保存方法

雑談

たまねぎって、冷蔵庫に長いこと放っておいても、普通に食べられます。

私は、買ってきたたまねぎを冷蔵庫の野菜室に適当に入れているのですが、そんなに劣化することも、腐ることもなく、食べられることが多いです。

ただ、あまりにも放置しすぎたのか、腐らせてしまうことも…。

あなたもそうなってしまわないように、たまねぎの保存期間について知っておきましょう。

ここでは、たまねぎの保存期間の目安はどれくらいなのか、どうやったら長持ちさせられるのかについて紹介します。

保存期間の目安

冷蔵庫の野菜室に保存した場合、保存期間の目安は1ヶ月くらいです。なるべく1ヶ月以内で使うようにしましょう。

私は、玉ねぎは冷蔵庫に入れて保存しているのですが、常温保存が基本です。冷蔵するよりも常温で保存した方が長持ちします。

常温保存の場合、2ヶ月が目安です。

たまねぎは湿度に弱く、冷蔵庫の野菜室は湿度が高めに設定されていることが多いため、常温保存よりも保存に適していないとのこと。

新たまねぎに関しては冷蔵庫で保存した方が良いそうです。その場合、1週間くらいが目安になります。

購入するまでにどれくらいの期間並べられていたのか、どんな保存状態だったのかにもよりますが、冷蔵庫なら1ヶ月、常温なら2ヶ月が目安です。

ただし、たまねぎは湿度に弱く、夏場は常温保存にむいていません。

それから、ゴキブリはたまねぎが大好きなので、夏場に常温保存していたら、寄ってくることがあります。そういう意味でも夏場は冷蔵庫に入れていた方が良いでしょう。

私が冷蔵庫で保存する理由は、外に出しているとゴキブリが出現してしまうかもしれないからです。すごく苦手なので、ゴキブリが…。

冷凍する

生のまま冷凍した場合は、1ヶ月が保存期間の目安となります。冷蔵庫の野菜室で保存する時と同じですね。

一度加熱したものは少し短くなり、3週間くらいが目安です。

皮を剥いたたまねぎ

皮を剥いたたまねぎは、ラップに包んで空気に触れないようにして、冷蔵庫で保存します。

皮が残っている状態よりも全然保存がきかなくなり、3~4日くらいが保存期間の目安となってしまいます。

すぐに使う予定がないなら、冷凍させるのがおすすめです。冷凍させた場合、1ヶ月くらいが目安になります。

切ったたまねぎ

切ったたまねぎも同じで、切り口をラップ密着させ、空気に触れないようにしつつ、冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

冷蔵庫で保存する場合は3日くらい、冷凍庫なら1ヶ月くらいです。

熱したたまねぎ

熱したたまねぎは、冷凍した場合3~4週間くらいが目安となります。

生の状態よりも持たなくなってしまいますので、使う予定がないなら熱を通さない方が良いです。

Sponsored Links

長持ちさせるための保存方法

吊るされたたまねぎ

吊るして保存する

たまねぎは湿度に弱いという特性がありますので、風通しが良くて直射日光が当たらない場所に吊るすのがおすすめです。

理想は、1個ずつ吊るした方が長持ちするのですが、それが難しいなら3~5個程度をまとめて吊るしてください。

ネットやストッキングにたまねぎを入れ、風通しが良いところに吊るします。

新聞紙に包む

新聞紙に包むことで、たまねぎを湿気から守れます。

少し面倒かもしれませんが、1個ずつたまねぎを新聞紙で包んで保存してみてください。

腐ってしまった玉ねぎはすぐに取り出す

たまねぎは、1個が腐ってしまうと他のたまねぎも腐ってしまいます。

腐ってしまったたまねぎがあったなら、すぐに取り出してください。

リンゴと一緒に保存しない

リンゴは成長を促進するガス、エチレンガスというものが発生しています。

「早く熟させるならリンゴを近くに置く」と言われるほど有名なので、リンゴが成長を促すのは聞いたことがあると思います。

ただ、たまねぎとの相性は悪く、たまねぎの成長を促してしまって、風味が落ちます。

リンゴとは必ず離すようにしましょう。

食べられなくなったたまねぎはどうなる?

食べられなくなったたまねぎは、健康な状態の時以上ににおいが強くなります。

そして、ぐにゃぐにゃになり、水っぽい感じになりますので、皮を剥いたらすぐにわかると思います。

ただ、一部が茶色くなっているだけであれば、茶色い部分を取り除いたら食べられます。質は落ちてしまいますが…。

まとめ

たまねぎは基本的に、湿気から守ってあげれば常温保存で2ヶ月くらいもちます。

ただ、冷蔵庫の外で保存する場合は、Gに気を付けないといけないのはデメリットとして大きいです(個人的に)。

たまねぎは色々な料理に合いますし、たくさん消費できる料理もありますので、1ヶ月も保存できれば私としては十分です。

もし、あなたがあまり料理にたまねぎを使わないというのであれば、風通しの良い場所で常温保存しましょう。

 

▼関連記事▼

たまねぎを最高に長持ちさせる保存方法+その他の方法もご紹介!




Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました