一人暮らしを寂しいと思わない人の特徴とは?【引っ越す前に確認しよう】

一人暮らし 寂しいメンタルに良いこと
この記事は約4分で読めます。

一人暮らしを寂しいと思わない人と、寂しさでいっぱいになる人がいます。

私の場合、実家を出るときは彼氏(今の夫)と同棲するときだったので、一人暮らしの経験はありません。

ただ、彼が学校の実習で家を空ける必要があり、1カ月だけ一人暮らしをしたことがあります。

そのときは、孤独と向き合うのが下手だったので、寂しくて寂しくて仕方なかったです。

とは言え、一人暮らしには憧れがあります。自分の好きなものに囲まれて、自由に生活したいですよね。寂しさとさえ上手く付き合えれば、今すぐにでも一人暮らしをしたいという人もいると思います。

ここでは、一人暮らしを寂しいと思わない人の特徴を紹介します。

一人暮らしで寂しいと思う瞬間とは

普段は寂しさとは無縁で生活している人でも、ある日ふと寂しさに襲われることがあります。それは、いつもと同じメンタルではないときです。

  • 体調を崩したとき
  • 夜中にふと目が覚めたとき
  • 遊びに来ていた友達が帰ったとき
  • 誕生日やクリスマスといったイベント日に一人のとき
  • 気持ちが落ち込んでいるとき
  • 不安感を抱えているとき など

どんなに強メンタルな人でも、元気な人でも、心が不安定になることはあります。寂しさは心が弱っているときにセットで訪れるものです。

一時的な寂しさなら気にする必要はない

寂しさが募ると、ネガティブな気持ちになりますが、誰でもそういうときはあります。

翌朝になったらケロッとしているとか、風邪が治ったらすっかり元気になったということであれば、あまり気にする必要はないと思います。

寂しさは定期的に訪れるものだと認識して、対処法をいくつか持っていると気持ちが楽になります。

私の対処法をいくつか挙げるとこのような感じです。

  • 眠れそうなら早めに眠る
  • 考える暇がないくらい掃除をする
  • 笑える動画を観る
  • ウォーキングに出かける(早歩き)
  • 人の気配が感じられる場所に行く

寂しいときは、とにかく頭を使わないように気を付けています。

たとえば読書をすると、本の内容を理解しようと頭を使っている間に、いつの間にか寂しさにつながるようなことを考えてしまうので、結局読書に集中できません。

とくにおすすめなのは、掃除とウォーキングです。どちらも体をひたすら動かすので、頭を空っぽにできますし、爽快感もあるので寂しさに振り回されずに済みます。

日常的に寂しさを抱えているなら、一人暮らしは待ったほうがいいかも

一時的な寂しさなら、その場しのぎの対処法でも十分だと思います。寂しさは人間が感じる自然な感情なので、徹底的に排除しなくてもいいと思うからです。

Sponsored Links

ただし、日常的に寂しさを感じている人の場合は事情が変わってきます。

寂しさにつながる思考の癖を持ったまま一人暮らしを始めてしまうと、しんどい思いをしてしまいます。

寂しさを感じやすい人は、孤独との向き合い方について勉強する必要があるでしょう。

一人暮らしを寂しいと思わない人の特徴5つ

一人暮らしを寂しいと思わない人は、一体どんなことを考え、どんな生活を送っているのでしょうか。

その特徴についてまとめました。

好きなこと・やりたいことがある

一人暮らしを寂しいと思わない人というのは、好きなことややりたいことを持っています。

充実しているのであっという間に一日が過ぎますし、心地よい疲労感でぐっすり眠れるでしょう。

居心地のよい環境をつくっている

一人暮らしを寂しいと思わない人は、心地よい空間作りを大切にしています。

好みのインテリアで統一した部屋にいると、気持ちがいいですよね。くつろげる椅子があったり、おいしい料理、お酒なんかあれば、より楽しめます。

部屋はストレスを感じない程度に片付いているでしょう。

ペットを飼っている

一人暮らしを寂しいと感じない人は、家にいる幸せを持っているものです。そのなかでもペットは大きな存在です。

鳥や魚、犬や猫、ハムスターなどのペットと触れ合ったり、眺めたりしていると、寂しさなんて感じないでしょう。

悩み事があっても解決するための行動を起こしている

一人暮らしを寂しいと思わない人というのは、一人が好きな人もいますが、そうでない人もたくさんいるでしょう。

それでも寂しさに支配されないのは、悩み事があっても解決するために努力しているからです。

たとえば、そろそろ結婚がしたいと考えている場合、積極的に出会いを求めて行動を起こすでしょう。

今現在は独身で一人暮らしだとしても、結婚するための行動を起こしているなら寂しさを感じている暇はありません。

寂しさを受け入れている

人は寂しさを感じるものだと受け入れている人は、寂しさに支配されることはありません。

(一人暮らしを寂しいと思わない人…とはズレてしまいますが)

たとえ寂しいと思ったとしても、気にならなければ悩み事ではありません。

まとめ

一人暮らしを寂しいと思わない人についてお話しました。

一人暮らしは、自分の生活スタイルを干渉されることはありませんし、同居している人に気を使う必要もありません。

すべてが自由のなかで生活できるのは最高です。

自由を満喫するためにも、寂しさに支配されない考え方は大切です。




Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました