不登校が甘えだって?なんJで言われていることは偏りすぎ

不登校 甘え なんJ雑談
この記事は約5分で読めます。

現在、不登校で悩んでいる人は甘えなんじゃないか、と不安を感じていると思います。

その不安から、知恵袋やなんJなんかを見て、偏った意見で余計に不安を感じてしまったり、落ち込んでしまっているかもしれません。

というのも、一般的には不登校は良くないものとして認識されているからです。

不安な時は他人の価値観や考え方に影響されやすくなってしまいます。その結果として、不登校は悪いことだと思って、余計に自分を追い詰めてしまうことになるでしょう。

ですが、よく考えてみてください。

知恵袋やなんJに書き込みをしている人は、専門家でも何でもありません。

不登校に関する理解すらありません。それどころか、偏見を持っている人が多いように感じます。

ここでは、不登校は甘えなのかについてお話します。

不登校は甘えという間違った認識

不登校は甘えではありません。

というのも、学校へ行かないという選択をしただけで、甘えだと判断することはできないからです。

本人にしかわからない苦痛、むしろ本人にすらわからないことも多いのに、それをよく知りもしない第三者が甘えだと決めつける行為は間違っています。

なんJを見てみると、不登校の人に対して強い恨みを持っているかのように、ひどい暴言を吐いている人もいました。

恐らく、その人は学校に行くのが辛かったのに、我慢して通い続けていたのでしょう。だからこそ、実際に行動に移した不登校の人を嫌悪しているだと思います。

学校に行くことが辛くなって通わなくなるのは悪いことなのでしょうか?
自分には合わないと思って不登校になるのは悪いことなのでしょうか?

不登校という判断は、自分はこうしたい、したくないを選択しただけにすぎません。

学校に行っているだけで『甘え』じゃなくなるの?

不登校の人は劣等感からか、甘えているという言葉を真に受けてしまいがちです。

ですが、よくよく考えてみてください。そもそもの話、学校に通っている人はそれだけで甘えではないと言い切れるのでしょうか。

学校に通っている人の中にも甘えている人はたくさんいます。

大人に与えられた時間割をただこなし、受け身で勉強をする。それどころか、授業中はボーっとしていることもある。与えられた環境の中で何となく生きている。

不登校の人と違うのは、ただ学校に行っているだけという人もいます。

それだけで甘えではないと言い切れるのでしょうか。

もちろん、行きたくないとか、人と会話する気分じゃなくても眠い目をこすって学校に行くことは、楽なことではありません。

ですが、だからと言って不登校の人に対して甘えだと言い放つのは違うと思います。

そもそもで言うと、学校に通っている人にも甘えている部分がありますし、不登校の人にも甘えている部分があります。

学校に通っている人に比べて、不登校の人は甘えている部分が分かりやすいというか、見えやすいというなので、甘えていると言われやすいのではないでしょうか。

不登校を選んだ先に何をするのか

甘えかどうかは選んだ道で何をするのか、どう自分と向き合っていくのかによって決まります。

例えば、不登校を選んだとしても、自分のやりたいことに向かって一生懸命努力して、学校では学べないことを学び、将来に活かすというやり方もあります。

無気力になってしまったとしても、そこから立ち上がり、自立するために努力を始めるというのは立派なことだと思います。

例え何年かかったとしても。

努力しないといけないということが言いたいのではなく、自分にとって生きやすさを追求していくことが大事だと言うことです。

あなたにとって生きやすさとは

あなたはどんな時に生きやすさや幸せを感じられるでしょうか。

もしかしたら、不登校になってからは生きやすさや幸せを感じたことがないという人もいるかもしれません。

ですが、生きやすさ・幸せというのは、考え方ひとつで手に入れることができるものです。

例えば、不登校が許される家族で幸せだと思えたなら、その瞬間に幸せを感じられるでしょう。

ここで言う許されるというのは、実行できるという意味です。本当の意味で許されないのなら、家から追い出されたり、無理やりにでも学校に行かされる状況です。

口では拒絶する親でも、結果的に住む場所や食べ物を与えているという意味で、許されると使っています。

開き直るというのも生きやすさや幸せを感じるコツです。

学校で消耗しなくても良い分、時間を自由に使えるんだから楽しく過ごそう!とか。

気分が沈んでいる時は難しいですが、こうやって考えられたら、今より少し生きやすくなると思いますよ。

本を読むのがおすすめ

本を読む

本は生きやすくなるための宝庫です。

おすすめはキンドル。キンドルはアマゾンのプライム会員になれば無料で読める本もたくさんあります。

その他にも、こんなメリットがあります。

・外に一歩も出ることなく本を読める
・検索機能がついていて本を探しやすい
・軽いから寝ながら本を読みやすい
・読んだ本に内容が似ている本をおすすめしてくれる
・本棚を置かなくてもスマホやPCで管理できる
・読んだ本を人に知られることがない

余った時間を読書に充てたら、あらゆる知識が手に入りますし、何より精神的に楽になります。

悩みをそのまま検索しても良いですし、目標を検索しても色々な本が出てきます。その中から、気になるものを読んでみてください。

また、外に出る余裕があるのなら、図書館に直接足を運ぶのもおすすめです。

無料で借りられますし、図書館でゆったり本を読むのも落ち着いていて良いですよ。

本には学校では学べないことをたくさん学べるので、ぜひ読んでみてください。

まとめ

なんJには不登校は甘えと言っている人がいますが、気にすることはありません。頑張るとか甘えの基準は人それぞれですから。

それに、甘えだったとしてもそれが悪いことだと私は思いません。

不登校でも幸せに生きていくことはできますし、その権利もあります。甘えかどうかではなく、まずはどうやったら自分が幸せになれるのかを考えてみてください。

それが結果的に家族も幸せにしてくれるはずです。

タイトルとURLをコピーしました