「ノンアルコールなら未成年でも買えるよね?」実は・・・

ノンアルコール 未成年

最近では、ノンアルコール・アルコールフリーといって、アルコールが入っていない、もしくは1%未満に抑えたものが販売されています。

ノンアルコールなら未成年でも問題ないだろうと思いますよね。法的にもノンアルコールなら問題ないとされています。

ですが、実際はそう簡単な話ではありません。

ここでは、なぜ未成年がノンアルコールを買うのが難しいのか、買うことはできるのかについてお話します。

未成年でも法律上問題ないけど…

日本の法律だと、ノンアルコールであれば清涼飲料水に分類され、未成年が飲むこと自体は問題ありません。

ただ、問題となるのは販売メーカーは、未成年が飲むのを推奨していないということです。

本来であれば、清涼飲料水なのですから購入者側も店舗側も、他のドリンクと同じように売買できるはずなのですが、やはりノンアルコールとなるとグレーゾーンだと言われています。

大手の店舗では年齢確認が行われ、20歳以上ではない場合購入できないそうです。

※全ての店舗がそうという訳ではありません。

メーカーは未成年の飲用を控えて欲しい

元々、ノンアルコールビールは20歳以上の人に向けて開発しており、アルコールが入っているビールにとても似せています。

ですから、未成年が飲むノンアルコールのビールを飲んでしまうと、アルコールが入っているビールに興味を持って、未成年の内から飲酒してしまうリスクがあります。当然違法行為です。

また、未成年の内からジュース感覚で飲んでいると、将来アルコール依存症を引き起こしてしまうリスクもあります。

ノンアルコールも20歳を過ぎてから!

上記でも言いましたが、法律だけで考えた場合、買うのも飲むのも違法行為ではありません。

ですが、将来のことを考えたら、ノンアルコール・アルコールフリーと書かれているものでも、20歳を過ぎてから飲むことをおすすめします。

ちなみに、1%未満ということはアルコール0.9%でも法的には清涼飲料水扱いとなります。

アルコールに弱い人や妊婦の人がノンアルコール飲料を飲む場合は、アルコール度数に十分に注意してください。

というよりも、個人的には妊婦さんはノンアルコールも飲まない方が良いのではないかと思います。

関連記事

パン屑ナビ

生活雑多>豆知識>「ノンアルコールなら未成年でも買えるよね?」実は・・・

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る