Twitterで話題|トイレの最中のクォリティーが高ぎて食べられない…

話題のネタ
この記事は約2分で読めます。

Twitterで、面白い最中があると注目を浴びています。

その名前も「トイレの最中(もなか/さいちゅう)」というお菓子。MONAKAとも書かれていますし、SAICHUとも書かれていて、シャレが効いていますね。

では、早速どんなものなのかを見てみましょう。

食べるのを躊躇してしまう見た目…

出典:LIXIL

この時点でトイレのクォリティーが高いのが分かりますね。

あんこを入れるとこんな感じになります。

出典:LIXIL

トイレの形がすごくリアルすぎて、アンコを入れるとアレが詰まっているみたいで、食べるのを躊躇してしまいますね。

INAXの便器をCADで設計し、お菓子業者に発注したそうです。ここまでリアルな形に仕上がっているのもうなづけます。

元々はINAXライブミュージアムのお土産としてつくられたものなのですが、評判が良かったため9月から一般販売を始めるそうです。

1個324円で購入できます。製造元の大蔵餅でも取り扱うみたいです。

SNSの反応

・○んこたっぷり
・ナイスネーミング
・遊び心満載(笑)
・尖ってて面白い
・詰まってますね

センスを高く評価しているのが目立ちます。

確かに、ネーミングセンスも良いですし、トイレがリアルに作られていて、中にはアンコが入れられるようになっているのは面白いです。

まとめ

正直、少しお高いのですが、誰かにプレゼントするにはちょうどいいお菓子だと思います。

 

▼こちらの記事もどうぞ▼

トイレの臭いが取れない!という時の消し方

棒アイス?ボンボン?チューチュー?あなたは何って呼ぶ?

タイトルとURLをコピーしました