「妻を幸せにしたい」と思った時にやるべきこと

妻を幸せにしたい夫婦関係
この記事は約5分で読めます。

男性なら、妻を幸せにしたいと考えるのは当然だと思います。

妻を幸せにするのは、そんなに難しいことではない。僕はそう考えます。

それは僕の妻の性格によるものが大きいかもしれません。ですが、女性という性質を知っていると、そう感じてしまうのです。

ここでは、女性の特徴を踏まえて、妻を幸せにするにはどうしたら良いのかについてお話します。

妻の幸せを探ってみる

あなたは妻がどんなことに幸せを感じる人間なのか知っていますか?

妻を幸せにする方法をお伝えする前に、まず一人の人として見ているのか?ということについて、改めて考えてもらいたいです。

というのも、僕自身が妻の幸せについて勘違いしていたことがあるからです。

以前僕は、妻はウィンドショッピングが好きだと本気で勘違いしていたことがあります。

妻は、実際に手に入れたいと思っていました。なのに、その時の僕は見て回るだけで満足していると、本気で思っていたのです。

これは極端な例ではありますが、間違った認識をしていた場合は、せっかく行動に移してもムダになってしまうどころか、逆効果になってしまうこともあります。

妻が何に幸せを感じるのかを知る方法

直接聞くのが手っ取り早いです。「どんな時に幸せを感じる?」という質問は、それだけでも嬉しく感じてくれる可能性もありますから。

とはいえ、直接聞くことができないという男性も多いはず。なので、あなたの記憶にある妻の姿を呼び起こしてみてください。

・話をしている時
・プレゼントした時
・労った時
・マッサージをした時
・褒めた時

色々なパターンがあると思います。その中でも、より詳しく思い出してみてください。

何の話をしている時だったのか、どんな状況だったのか、何をプレゼントした時なのかなど。

人の好みは変わるもの

思い出すことで妻の幸せを考える場合、注意しないといけないことがあります。それは、幸せの形が変わってしまうことです。

付き合い始めなら、一緒にいるだけで幸せだと言っていたはずが、いつの間にかデート場所によって幸せを感じなくなったり、プレゼントされるものさえも限定的になったり。

欲しい物が変わっていることも珍しくありません。

女性の場合、年齢でファッションや美容グッズが大幅に変わることも珍しくありませんので、服や美容品をプレゼントする時は注意が必要です。

他にも女性は結婚すると現実的になると言われています。

結婚前は高価なプレゼントをすると喜んでいたのに、結婚後は怒るようになったという話は珍しくありません。

というのも、家計を管理している場合は、プレゼントをもらった嬉しさよりも、勝手に高い買い物をされたことに、「今月どうやって生活しよう」とか、「細かく計算して貯金してたのに!」という考えるからだそうです。

プレゼントをする時は、特に気を付けて選んでください。

妻を幸せにする方法

感謝を言葉にする

普段、妻がやっていることに感謝してみてください。

料理、掃除、洗濯、育児など、あなたが帰ってきてからはのんびりしているかもしれませんが、日中は仕事に負けず劣らず色々なことをしています。

普段当たり前に用意されているご飯、当たり前に着ている服、これは全部当たり前ではありません。

そのことは日常的に感謝して、その気持ちを口に出して伝えてください。

僕達夫婦は、僕の方が色々な家事をこなしています。僕としては当たり前だと思っていても、やっぱり感謝されるのは嬉しいです。

愛の言葉を伝える

愛の言葉を直接伝える。これは男にとって一番難しいかもしれません。

だからこそ直接的に愛の言葉を伝えると一瞬で幸せな気持ちになってくれます。「好きだよ」とか、「愛してる」というのを伝えてみてください。

僕は、直接口にして言うのが恥ずかしいタイプなので、お菓子とか手紙を利用して愛を伝えることがあります。

例えば、キットカットに「ダイスキ」と書かれたものがあったので、「伝えたいことがある」と前置きしたうえで渡しました。

ハート形のお菓子を渡すこともよくあります。たったそれだけでも、妻は嬉しそうにしてくれます。

妻が疲れている時に労う

毎日仕事を頑張っているあなたは、心も体もクタクタになっているでしょう。あなたの方が頑張っている、確かにそうかもしれません。

ですが、そんなあなたを支えている人がいるのも事実です。

いつもはちゃんと家事をやっている妻が、時々手を抜くことがあると思います。そんな時はある意味ではチャンスかもしれません。

手を抜くということは、疲れているということでもありますから。

そんな時、不出来を非難するよりも、「いつもご飯を作っていてくれて助かるよ」と言った方が、妻も幸せを感じられるでしょう。

僕は、妻が疲れている時にマッサージをすることもあります。

疲れている時のマッサージは気持ちが良いようで、とても幸せそうにします。

スキンシップをとる

スキンシップをとると、幸せホルモンと言われるオキシトシンが分泌されます。

見つめ合うだけでもスキンシップになりますし、触れ合う・ハグ・マッサージをするなどをすると、オキシトシンが分泌され、幸せを感じられると言われています。

普段あまり触れ合う時間を持ってなくて、なんだか恥ずかしいという人は、手を握るとか肩や背中に触れるというように、軽いスキンシップから始めてみてください。

まとめ

妻を幸せにする…というと、特別な何かが必要だと思うかもしれませんが、普段の生活を変えるだけ。

もちろん、特別なことをしても幸せを感じてくれるでしょう。

ただ特別なことは、続けていくのも難しいですし、行動に起こすのも時間がかかることがほとんどです。

感謝の言葉を伝えたり、スキンシップをとるなど、ちょっとしたことから始めてみることをおすすめします。

 

▼こちらの記事もどうぞ▼

妻の気持ちが分からない時に僕がやっていること

タイトルとURLをコピーしました