早すぎても遅すぎてもダメ!加湿器っていつからいつまで使うべき?

加湿器 いつから

寒い季節になると、空気が乾燥してきますので加湿器が役立ちますよね。

加湿器の必要性が分からない?それは乾燥の怖さを知らないからです

といっても、加湿器を出すのはいつからが良いのかということは、分かりにくいものです。

では早速、加湿器を倉庫から引っ張り出すのはいつごろが良いのかについてお話します。

加湿器を使うのは湿度が50%を切るくらい

いつからいつまで使ったら良いのか、その答えは地域によって違います。

加湿器を使うのは乾燥を防ぐためなのですから、十分に湿度がある時に使っても意味がないんですよね。

乾燥しやすい地域に住んでいるなら早い時期に使う必要がありますし、乾燥する季節が遅いなら遅めに加湿器を使っても問題ないということです。

ただ、目安がない訳ではなく、おおよその目安は2つあります。

湿度が50%くらいになる時期

湿度40%を下回るとウイルスが活性化すると言われており、風邪やインフルエンザを予防するためにも、湿度50%くらいになったら加湿器を使っていた方が良いです。

使うのが遅くなると、病気にかかってしまうかもしれませんからね。

湿度60%以上にはしない方が良い

湿度40~60%から使った方が良いという意見もありますが、湿度が60%を超えると結露やカビができる原因になり、カビ菌によって体調を崩してしまう可能性もあります。

ですから、早く使い過ぎるのも注意が必要です。

暖房を付け始める時期

暖房を付けと、室内の湿度は下がって空気が乾燥してしまいます。場合によっては20%を下回ってしまうこともあるそうです…。

そんなに乾燥してしまうと、肌や髪がカサカサになるのはもちろん、空気中のウイルスも増えてしまう可能性がありますので、病気になるリスクも高くなります。

暖房と同時に加湿器を一緒に付けるのは必須だと言っても過言ではないくらい、乾燥しやすいので暖房を付けたら加湿器も使ってください。

乾燥を体感してからでは遅い!

「目が乾燥する」「唇の皮がカサカサする」など、乾燥が体に現れるようになってからでは、乾燥が進んでいる段階だと言われています。

「なんか乾燥して来たなぁ」と感覚で決めるのではなく、必ず湿度計を見てからつけるタイミングを見極めてください。

大まかな目安は10~3月まで

乾燥してきた時に加湿器をつけると言いましたが、普段湿度計を見る習慣がないという人の目安として、10~3月までと覚えておきましょう。

それくらいの時期は、空気が乾燥しやすいので、加湿器を使って湿度を上げておくことが大切です。

もちろん、地域や天気によっても湿度は変化しますので、加湿器を使う時は湿度をチェックしてください。

ただし、湿度に問題がなくても暖房を稼働させるのなら加湿器も一緒に稼働させましょう。

安い!かわいい!オシャレ!口コミでも人気の卓上加湿器7選

シンプルでかわいい加熱式の卓上加湿器!おすすめを3つ紹介

電気代無料!おしゃれでかわいい気化式の加湿器|口コミで人気の商品

オフィスで注目の的に!おしゃれでかわいい人気のUSB加湿器4選

やっぱり一味も二味も違う!人気の高級加湿器を3つ厳選してみた

パン屑ナビ

生活雑多>加湿器>早すぎても遅すぎてもダメ!加湿器っていつからいつまで使うべき?

カテゴリー

楽天

ページ上部へ戻る