ぬか漬けと浅漬けの違いについて|こんな違いが!

ぬか漬け 浅漬け

ぬか漬けと浅漬け。どちらも漬けものを意味する言葉ではありますが、その意味は全然違うものになります。

ここでは、抜け漬けと浅漬けにはどんな違いがあるのかについてお話します。

浅漬けは漬けた時間

浅漬けは調味液に漬けて作ることが多く、調味液は塩+風味のするもの(白だしや昆布など)が一般的ですが、実際は調味液に関わらず短時間漬けたものを浅漬けと言います。

1~2時間でも食べられることから、即席漬けとか一夜漬けとも呼ばれています。

実は、ぬか漬けも短時間しか漬けていない場合は浅漬けと言います。ちなみに、長期間付けた漬けものは古漬け(ふるづけ)もしくは、ひね漬けと言います。

ぬか漬けはぬか床に漬ける

ぬか床に漬けているものをぬか漬けと言います。

Sponsored Links

多少の酸味と塩気が特徴で、野菜と合わさると絶妙なおいしさになります。ぬか床や漬ける時間などによって味も変わるのもぬか漬けの面白いところです。

上記でも説明したように、ぬか漬けでも漬ける時間が短い場合は浅漬けと言います。

と言っても、一般的には漬ける時間の長さに関係なくぬか漬けと言われているのですが…。

まとめ

ぬか漬けでも短時間だったら浅漬けと説明しましたが、一般的には、浅漬けは調味液に漬けたもの、ぬか床に漬けたものをぬか漬けと使い分けていることが多いです。

人に説明する時や説明される時、商品を購入する時はこのように使い分けて理解しておきましょう。

Sponsored Links

パン屑ナビ

生活雑多>健康>ぬか漬けと浅漬けの違いについて|こんな違いが!

プロフィール

いつもありがとうございます!

ニャンテコトと申します。

楽しく、幸せな生活を手にする為に日々奮闘中です。

このサイトに来てくれた人がほっこりしてくれる…、そんなサイトを目指して頑張ります!

カテゴリー

楽天

アイハーブ

ページ上部へ戻る